「完璧なシナリオで復讐」53年越しの雪辱に現地メディアは万感。「日の丸のチームをはるかに凌駕した」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月06日

「53年前、歴史的なクニシゲ・カマモトのゴールで…」

メキシコチームはロサーノ監督を胴上げし、銅メダル獲得を祝福。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 敗者が沈む一方、勝者は半世紀越しに拳を突き上げた。

 U-24日本は8月6日、東京五輪の3位決定戦でU-24メキシコと激突。幸先よく先制したいところだったが、開始13分にPKで被弾し流れを失うと、23分と58分にいずれもセットプレーからヘッドで叩き込まれ、追加点を許す。

 その後、猛攻を仕掛けた日本は78分に三笘薫がようやく1点を返すが、反撃はここまで。北中米の難敵に1-3で敗れ、銅メダルにはあと一歩届かなかった。

 この結果に対し、過去の因縁を前面に押し出し、歓喜を届けたのがスペイン紙『AS』のメキシコ版だ。「53年後のリベンジ」と題し、こう伝えている。
 
「メキシコ代表チームは、東京オリンピックで日本に3-1で勝利。1968年にアステカ・スタジアムで日本がエル・トリ(メキシコ代表の愛称)を破った時のリベンジを果たした。メキシコで開催されたオリンピックでの出来事を復讐する完璧なシナリオのなかで、ハイメ・ロサーノ監督のチームは『日の丸』のチームをはるかに凌駕し、銅メダルを獲得したのだ。

 53年前、日本は歴史的なクニシゲ・カマモトのゴールでメキシコを2-0で下し、メキシコには自国でメダル獲得ができないという苦い思いを残していた。しかし、エル・トリがオリンピックで日本を破ったのは今回が初めてではない。2012年の準決勝では、同じスコアで日本を屈服させたが、その時はメダルがかかっていなかった」

 半世紀の時を越え、今度は全く逆の立場となった日本。悔しさは残るが、この敗戦を糧に再びビッグマッチで相対した際には、確実に雪辱を果たしたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
「あんまり泣かないので、分かんないですけど…」久保建英が打ち明ける涙の真意【東京五輪】
メキシコの手のひらで踊らされ…。泣き崩れた久保に象徴されるバッドエンド【東京五輪/編集長コラム】
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
「それでもサッカー人生続く」と吉田麻也は前を向く。「メダルで恩返ししたかった。本当に」とサポーターへ熱いメッセージも【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ