無念の敗戦で世界との差を感じた田中碧。独特の表現で敵の実力を認める「彼らはサッカーをしているけど…」【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月06日

「やっぱり勝って終わりたかった」

中盤の要として活躍した田中。相手への激しいチャージなどで守備に尽力した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表は8月6日、東京五輪の3位決定戦でU-24メキシコ代表に1-3で敗れ、惜しくもメダルを逃した。

 グループステージでも戦ったメキシコとの再戦だったが、13分にPKで先制されると、23分、58分と追加点を許してしまう。対して日本も78分に、途中出場の三笘薫の得点で1点を返すが、その後は点を奪えず。1₋3で敗北し、無念の4位という結果に終わった。

 ボランチの田中碧は今大会の全6試合に先発。この試合でも相手と激しくぶつかり合い、中盤の要として奮闘していた。

 試合後の取材で田中はこう話した。

「このメンバーでの最後の試合ということで、やっぱり勝って終わりたかったですし、メダルも取りたかった。ただ、本気の世界に突き詰められた。練習試合とかで色んな海外チームとはやりましたけど、結局練習試合ですし。もっと敵との差があるというか、どうにかしてこの差を埋めていかないといけないかなと思いました」
 
 五輪前の6月28日には、ドイツ2部のデュッセルドルフに期限付き移籍を発表し、自身初の海外挑戦を決めた田中。日本を旅立つ前の力試しという意味でも、今大会への想いは強かったはず。

「今までJリーグでやってきて、自分自身もすごく成長したと感じていたけど、結局それが何ひとつ通用しないし、まだまだ足りない。もっともっとサッカーを知って、彼らについていかないといけない」

 さらに、田中は体感した世界との差について、「彼らはサッカーをしているけど、僕らは1対1をし続けている」と表現。いまだ手の届きそうで届かない格上の存在を、そう評した。

 五輪では無念の結果に終わったが、初の海外に挑む22歳MFの今後に期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】マイアミの奇跡!グループリーグ突破!ベスト4!歴代五輪代表の激闘を激選ショットで振り返る!

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-3U-24メキシコ|三笘が反撃の1点を返すも追加点が遠くメキシコに敗戦 53年ぶりのメダル獲得とはならず...
【関連記事】
【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ
【U-24日本 1-3 U-24メキシコ|採点&寸評】悔しい完敗で銅メダルならず。遅れてきた11番に最高評価を!
「最後までかっこよかった」メキシコ戦後の久保の涙、吉田のコメントに岩渕真奈も感動!【東京五輪】
「オチョアの牙城にヒビを入れた」三笘薫の鮮烈ゴールに海外メディアが脚光!「見事な個人技で…」【東京五輪】
まさかの3失点に絡んだ遠藤航…ベスト4の功労者に最低点をつけなければならない悲しい結末【東京五輪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ