【中断明けの青写真|水戸】「ジェラの存在は大きかった」。守備の要が移籍も…松本戦の完封勝利が大きな光明に

カテゴリ:Jリーグ

佐藤拓也

2021年08月06日

昨年よりも攻守のバランスが向上

23節終了時点で11位の水戸。守備の安定を維持しつつ、いかに得点力を高めるかがリーグ再開後のポイントとなる。写真:田中研治

画像を見る

 東京五輪開催でJリーグは一時中断。その間、各チームは戦力補強やミニキャンプ実施など、再開後に向けて準備を進めている。五輪後はいかなる戦いを見せてくれるか。ここでは、J2の水戸ホーリーホックを取り上げる。

――◆――◆――

 水戸は現在、昨シーズンの第23節終了時点と同じ勝点30。リーグ最多得点を記録した昨季の同時期より9得点、減った一方、失点はマイナス12だ。

 23試合で喫した失点は23。開幕前に掲げた「1試合1失点以下」という目標を達成できるようになっており、攻撃偏重だった昨年よりも攻守のバランスが取れていることを数字が証明している。守備の安定を維持しながら、いかに得点力を高めるかがリーグ再開後のポイントと言えるだろう。

 しかし、センターバックとして守備を支えてきた住吉ジェラニレショーンが、J1のサンフレッチェ広島に移籍。さらにサイドバックとして攻守に躍動を見せていた柳澤亘も、J1のガンバ大阪に引き抜かれてしまった。最終ラインの選手の入れ替わりがあったなか、リーグ前半戦で築いた守備のベースを継続することが求められる。
 
「個の強さを持つジェラの存在は大きかった」と守護神の牲川歩見は認めながらも、「今いる選手もそれぞれがいいものを持っている。この中断期間でより特長を捉えて、ピッチの中で良いところを表現できるようにして、ジェラの抜けた穴を補いながらもより失点を減らして、強い集団にしていきたい」と力を込めた。

 住吉が移籍した直後の23節・松本山雅FC戦では、安定した守備を披露。アウェーの地で松本の攻撃を封じ込めて完封勝利を収めたことは、再開後のリーグ戦に向けて大きな光明となった。

 負傷離脱していたベテランの細川淳矢はすでに復帰を果たしており、さらにルーキーの三國スティビアエブスと山田奈央も虎視眈々とポジションを狙っている。そうした切磋琢磨が守備を引き締めることだろう。
 
【関連記事】
決戦前夜にまさかの変更!日本対メキシコの銅メダルマッチが20時から18時開始に【東京五輪】
「日本のことは誰の記憶にも残らない」久保建英の言葉にスペイン人記者が感じた、東京五輪世代の可能性
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
人種差別に負けるな!サポーターからの壁一面のメッセージに、19歳サカ感激「どうやってお礼を言えばいいんだ?」
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ