【中断明けの青写真|大宮】霜田新体制の積極スタイルで“勝てる”チームへ! FW河田の加入で決定力不足解消なるか

カテゴリ:Jリーグ

松澤明美

2021年08月04日

あとは“決めるだけ”の段階だが…

大宮はJ3降格圏の21位と低迷。中断期間後の巻き返しに期待がかかる。写真:徳原隆元

画像を見る

 東京五輪開催でJリーグは一時中断。その間、各チームは戦力補強やミニキャンプ実施など、再開後に向けて準備を進めている。五輪後はいかなる戦いを見せてくれるか。ここでは、J2の大宮アルディージャを取り上げる。

――◆――◆――

 J1昇格を旗印にスタートした大宮だが、J3降格圏の21位と低迷が続いている。

 成績不振から岩瀬健前監督が解任され、昨季まで山口の指揮を執った霜田正浩監督が就任。霜田体制になると戦術の整備が進み、クロスからゴールを狙う意図がハッキリした。布陣は4-2-3-1と4-3-3を併用。両サイドバックが前線まで顔を出して、守りに入らない積極スタイルを貫く。チームは躍動感を取り戻し、チャンスの数も明らかに増加した。

 あとは“決めるだけ”の段階だ。しかし、“決めるだけ”が一番難しい。霜田監督が采配を振るった6試合は、1勝4分1敗で得点数は6。1試合で2得点するサッカーを目指しながら、それを実現できたのは1試合のみだった。攻撃の見どころは多い一方、決定力に課題を残しつつの中断期間入り。この期間を利用して連係を深め、フィニッシュの精度向上を図っている。
 
 決定力に関しては頼もしい顔触れが加わった。J1の徳島からFW河田篤秀が完全移籍。新潟、徳島時代にJ2通算31得点をマークした実績があり、霜田監督は「ストライカーの嗅覚、能力は十分うちの戦力になってくれる」と称賛。河田も「自分のストロングは得点を取るところ。しっかり期待してもらって、僕も結果で応えるべき」と請け負う。

 守備でもJ1の横浜FCから元日本代表GKの南雄太を期限付きで獲得。柏、熊本、横浜FCと渡り歩き、J1通算266試合、J2通算363試合に出場した41歳のベテランの加入は、さまざまな面での好影響が考えられる。南は「どんなときもチームの勝利のために戦うのは必ず自分がやらなければいけないし、やろうと思っている」と力を込めた。
 
【関連記事】
「色々思いはあるけど」スペイン戦から一夜明け、堂安律が決意表明「勝とう」【東京五輪】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
「限界を超えた批判がある」一振りで日本を沈めたアセンシオ、戦いの裏での壮絶な苦悩を明かす【東京五輪】
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ