「色々思いはあるけど」スペイン戦から一夜明け、堂安律が決意表明「勝とう」【東京五輪】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月04日

メキシコと銅メダルを争う三位決定戦に回ることに

準決勝を終えての心境を明かした堂安。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 8月4日、東京五輪の男子サッカーの準決勝を終えたU-24日本代表の堂安律が、自身のSNSを更新。スペインに0-1で敗れ、一夜明けた心境を綴った。

 日本にとっては初の決勝進出を懸けた大一番だった。強豪スペインを相手に90分間スコアレスで終え、延長戦も踏ん張った守備を続けていた。しかし、延長後半の115分、途中出場したスペイン代表のマルコ・アセンシオに許した1本のシュートが、決勝点となった。

 敗れた日本はメキシコと銅メダルを争う三位決定戦に回ることになった。このチームで背番号10を背負った堂安は、自身の写真とともに、「昨日は応援ありがとうございました。色々想いはあるけどみんなあと1つ頑張ろう。勝とう」と綴っている。
 
 この投稿に対して、ファンからは多くの声が寄せられた。「22人、そしてスタッフみんなでメダリストになってほしい。そのメダルがきっと未来に繋がる!」「銅メダルをとってください!!」「勝って最高の笑顔を見せてください!」といった激励が多く集まった。

 メキシコとはグループステージ第2節で対戦し、その時は2-1で勝利。北中米の雄との“再戦”は、8月6日に埼玉スタジアム2002で行なわれる。目標に掲げていた金メダルは逃したU-24日本代表だが、銅メダルを手にすることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】堂安が綴ったメッセージと、ファンからの200件を超える激励に注目!

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む... 
 
【関連記事】
【釜本邦茂】おそらく一番人材が育っていないポジション。今回のチームに“点取り屋”はいなかった/東京五輪
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
金田喜稔がスペイン戦を斬る!「不可解な堂安と久保の交代。延長戦でこそ彼らは輝いたはずだ」【東京五輪】
スペイン戦で無念のベンチ外となった三笘薫。“ラストピース”はついにはまらなかった【東京五輪】
「金メダルには物足りない」スペイン大手紙が代表チームの戦いぶりにダメ出し!「弱いというか…」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ