スペイン戦で無念のベンチ外となった三笘薫。“ラストピース”はついにはまらなかった【東京五輪】

カテゴリ:国際大会

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年08月04日

5試合で出場はわずか40分

スペイン戦をスタンドで観戦する三笘。主役候補がまさかの…。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[東京五輪 準決勝]U-24日本0-1U-24スペイン/8月3日/埼玉スタジアム2002

久保建英や堂安律とともに、主役候補として期待されたMFは、敗戦のホイッスルをスタンドで聞いた。

 スペインとの大一番、登録メンバー18人の中に、三笘薫の名前はなかった。コンディションの問題があったとしても、無念だっただろう。

 昨シーズン、大卒1年目で川崎フロンターレの2冠達成の原動力となったドリブラーは、一気にスターダムにのし上がった。東京五輪が1年延期されていなければ、選ばれていなかったかもしれない男が、大会のブレイク候補として注目を浴びるようになったのだ。

 ただ、本番直前に右太ももを負傷。全体練習に参加できない日々が続いた。それでも、グループステージ第2戦のメキシコ戦で80分からピッチに立って実戦復帰を果たすと、準々決勝のニュージーランド戦では、スコアレスで突入した延長戦の頭から投入される。

 いよいよ見せ場がやってきたが、30分間で印象に残ったのは、上田綺世のシュートに繋がったパスのみ。得意のドリブルは影を潜めた。

 この試合のパフォーマンスを見れば、森保一監督がスペイン戦でベンチから外した判断も間違えではなかったと思う。ただ、疲れが見えた久保や堂安を下げた延長戦、この時こそ、三笘がいてほしかった。もちろん、万全な状態であればだ。
 
「22人の総力戦で勝たないと金メダルは獲れない」

 選手たちは口々にそう言っていた。そして、金メダルを獲得するためのラストピースは、この三笘だと思っていた。この男の活躍なくして、優勝はできないと。

 そのラストピースは、ついにはまらなかった。ただ、まだ3位決定戦が残されている。Jリーグでは無双のアタッカーが、本来の輝きを放つチャンスは巡ってくるだろうか。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む... 
 
【関連記事】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
金田喜稔がスペイン戦を斬る!「不可解な堂安と久保の交代。延長戦でこそ彼らは輝いたはずだ」【東京五輪】
【3決展望】日本×メキシコ|敵は前回対戦時より確実に強くなっている。高強度プレスが機能すれば/東京五輪
「限界を超えた批判がある」一振りで日本を沈めたアセンシオ、戦いの裏での壮絶な苦悩を明かす【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ