【釜本邦茂】おそらく一番人材が育っていないポジション。今回のチームに“点取り屋”はいなかった/東京五輪

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月04日

私は現役時代、足下の器用なテクニックはなかったが…

強引な突破でスペインゴールに向かう林。闘志を前面に出したプレーで食い下がったが、得点はできず。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京オリンピックの準決勝、日本はスペインを相手によく戦ったと思う。しっかり守っていかにしてワンチャンスを活かすかという展開になったが、120分を通して日本のディフェンスは安定していて、それが善戦する大きな支えになった。

 ただ一方で、物足りなさも残った。ひとつは、1対1での仕掛けがまだまだ少ないと感じたことだ。90分の前後半ではサイドでボールを持ってもゆっくりしていて、なかなかスピードアップしない。結局後ろへ戻すだけという場面が目立っていた。途中出場の前田や相馬も、もっと積極的に行ってほしかったよ。点を取られてからサイドに張った相馬にボールを集めてどんどん仕掛けさせたけど、ああいうシーンをもっと意図的につくり出せるようにしたかったね。

 そしてもうひとつ物足りなく感じたのが、やはりゴールを決め切る力だ。スコアだけを見れば、世界とはそんなに大きな開きがあるわけじゃない。しかし、点を入れるか入れないかという部分で結果的にはっきりと明暗が分かれている。
 
 スペインも終盤はなかなかへばって疲れが見えてきていたけど、アセンシオの決勝点のシーンではやはりゴールに向かって仕掛け、きっちりと枠に入れてきた。疲れている中でもゴールへの集中力を欠かさず、相手の隙を突いていく。初戦の南アフリカ戦では久保がそういうパフォーマンスを見せてくれたが、今度は相手にチャンスを活かされてしまった。

 A代表も含めて日本のトップクラスの顔ぶれを見ると、DFや中盤には世界で活躍する選手が育ってきた一方で、本当の意味でのストライカーはまだまだ少ない。おそらく、日本で一番育っていないポジションが前線の選手だ。今回のチームにも“点取り屋”はいなかった。日本サッカーにとって、これは今大会を通じての課題として残ったと言えるよ。

 私は現役時代、足下の器用なテクニックはなかったけど、ゴールを奪うための器用さ、テクニックはあるという自負があった。これからの指導者には、そういう点取り屋としての技術や、あるいはそれを活かすフィジカル、メンタル、戦術を若い選手たちに植え付け、良いストライカーを育ててもらいたいね。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

【五輪代表PHOTO】U-24日本0-1U-24スペイン|強豪スペインを相手に善戦するもアセンシオの一撃に沈む..
【関連記事】
【セルジオ越後】最後の最後に吉田を上げるという選択…日本は10年前の岡田ジャパンから同じ問題を引きずっているよ/東京五輪
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
金田喜稔がスペイン戦を斬る!「不可解な堂安と久保の交代。延長戦でこそ彼らは輝いたはずだ」【東京五輪】
完全本気モードのスペイン相手に鮮明になった現在地。世界トップクラスと日本の実力差とは?【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ