金田喜稔がスペイン戦を斬る!「不可解な堂安と久保の交代。延長戦でこそ彼らは輝いたはずだ」【東京五輪】

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年08月04日

能動的な戦略プランが乏しいような気が…

劣勢の展開のなか、堂安の守備の貢献度は非常に高かった。だからといって攻撃への余力がなかったわけではないはず。延長戦でも見たかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)/JMPA代表撮影

画像を見る

[東京五輪 準決勝]U-24日本0-1U-24スペイン/8月3日/埼玉スタジアム2002

 準決勝のスペイン戦は延長戦の末に0-1の敗戦。残念な結果に終わってしまった。

 失点の場面では、アセンシオを一瞬、フリーにさせてしまった。彼にボールが渡った瞬間、誰かが自分のマークを捨てでも、もっと厳しく寄せられればよかった。それは頭で分かってはいたんだろうけど、疲労もあったかもしれないし、難しい場面ではあった。

 1失点したが、それ以外では、守備陣は本当によく踏ん張っていた。試合は終始、スペインに圧倒された。日本側は自陣で人数が揃っていても、ギャップをつかれて、パスを通される。相手は中からでも、外からでも攻めてくる。これは質が違うなと、改めて思い知らされた。

 明確な力の差をつきつけられた格好ではあるけど、日本はすべての力を出し切ったうえでの敗戦なのかというと、少し違うのではないだろうか。“やり切った”と納得してしまっては、それ以上、上のレベルは望めない。

 あのスペインに対抗する術は、まだまだあったはず。もちろん、選手たちは必死に戦っていた。持っているものをすべて出そうとしていた。確かな実力のある彼らが全力を尽くすことで、ある程度の相手には勝てたとしても、世界の強豪国と渡り合うには、個々のファイトだけでは足りない。

 劣勢の展開を強いられたとして、それを覆すには何をすべきか。今の日本は、ただ選手を入れ替えているだけのようにしか見えない。一人ひとりのポテンシャルや特長を、より引き出すための別の枠組みというか、たとえばシステムを変更するとか、チームとしての能動的な戦略プランが、少し乏しいような気がしてならない。
 
 それともう1点、どうしても解せないことがある。延長戦を前に、堂安と久保が同時にベンチに下がった。この交代策には首をかしげざるを得なかった。

 もし体力的な部分が考慮されての交代であれば、厳しい言い方になるが、それは大きな間違いだ。たしかに、90分間、日本は押し込まれる時間が続いて、堂安も久保も守備に奔走していた。

 だが、スペインのポゼッションに対して走らされたといっても、しょせんは自陣の中だけで、そこまでしんどいことはない。献身的に守備をこなしつつも、前に出ていくスタミナは余裕であったはずだ。
 
【関連記事】
敗戦に呆然と座り込んだ久保建英にそっと駆け寄り…2人のスペイン代表が見せた気遣い【東京五輪】
「彼らのひらめきは脅威だった」スペインに敗れるも、現地メディアが驚いた日本代表のプレーとは?【東京五輪】
【U-24日本0-1U-24スペイン|採点&寸評】延長戦で力尽きるも、主将と守護神ら3人を7点台に
「危なかった、かなり危なかった」スペインを最後まで苦しめた日本に敵国メディアも感服!「五輪特有の重圧が…」【東京五輪】
「どちらかもう少し引っ張っても良かった」Wエースの同時替えに前園真聖が疑問符。ファンの間でも議論に【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ