「彼は残留を望んでいる」未だ“無所属”のメッシ、チームへの合流は先送りに。バルサ会長の見解は?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年08月03日

8月8日までの解決を目指すとされるが…

バルサとの契約に前向きな姿勢を見せているとされるメッシだが…。 (C)Getty Images

画像を見る

 3週間のバカンスを経ても、リオネル・メッシはまだ始動できないようだ。

 6月いっぱいでバルセロナとの契約が満了し、現在は“無所属”のメッシは、8月2日にチームに合流予定だった。だが、契約問題が解決していないなか、合流は先送りになったという。米スポーツチャンネル『ESPN』が報じた。

 昨年夏に移籍を志願したものの、その願いはかなわず、残留することになったメッシ。クラブはその後、ジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長が退任し、ジョアン・ラポルタ元会長が復帰した。新会長はメッシとの契約延長を目指している。

 体制が変わったこともあり、クラブと5年の新契約を結ぶことで合意したと報じられているメッシだが、正式発表には至っていない。ラ・リーガが定めるサラリーキャップの問題をバルサが抱えているからだ。
 
 ESPNによると、ラポルタ会長は2日に「われわれは可能なことをしている」と話した。

「まだ解決していない。だが、うまく進んでいる。メッシが続けるために、われわれはすべてをやる。彼は残留を望んでいるんだ。だが、双方にとって重要なことを明確にする必要がある」

 記事によれば、“フリーエージェント”でもメッシは施設を使用することができるという。ただ、選手は新契約にサインするのを待つことに決めたそうだ。ESPNによると、バルセロナはユベントスと対戦する8月8日のジョアン・ガンペール杯までの解決を望んでいるとのこと。

 リーグ開幕まで10日となったなかで、メッシが始動できないのは、ロナルド・クーマン監督にとって大きな痛手だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
「高額なら仕方ない」「貴重なジョーカーを失う」ボローニャOBが冨安売却に見解。ステップアップは実現するのか
メッシ、50%の減俸でバルセロナと5年契約締結か。アグエロとの黄金タッグ結成へ
「腹筋がすごい」「愛しかない」水着姿で美ボディーを披露した、メッシ夫婦のツーショットに大反響!
ペドリが久保にユニホーム交換を申し出た理由。ライバルチームに所属する2人が4度目の対決へ
「マンガから出てきたみたい」久保建英の活躍ぶりを海外メディアが絶賛!「メッシを想起させる」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ