東京五輪での活躍で久保建英の去就はどうなる? マドリー番記者に訊いた。「タケが好印象を抱いているチームが…」

カテゴリ:国際大会

セルヒオ・サントス

2021年08月02日

本人の希望を最優先

ここまで3ゴールと東京五輪で躍動している久保。(C)Getty Images

画像を見る

 宙に浮いたまま8月を迎えたが、これはレアル・マドリーに復帰したいという本人の希望を最優先しているからに他ならない。

 可能性は極めて小さい。タケもそれを承知しているが、希望がある限り、その閉じかかっている扉をこじ開ける覚悟だ。その絶好のアピールの場となっているのが現在開催されている東京オリンピックであることは言うまでないが、実際、ここまで日本代表の攻撃を牽引する活躍を見せている。

 復帰へのハードルとなるのはやはりEU圏外枠だ。現在ヴィニシウス・ジュニオールのスペイン国籍の取得手続きが大詰めを迎え、クラブとしては早期に決着させたい考えだ。昨シーズンはそのヴィニシウスに加え、エデル・ミリトンとロドリゴの3選手がEU圏外枠を使用。トッテナムからレンタルバックしたウェールズ代表ガレス・ベイルもイギリスがEUから離脱したことでその対象になる可能性があったが、先日、EU圏外選手として扱われないことが取り決められた。

【五輪代表PHOTO】スペイン、ブラジル…スター選手も参戦する東京オリンピック参加の男子16チームを紹介!
 
 レアル・マドリーの財政状況もタケの去就を左右する重要な要素だ。ライバルのバルセロナほどでないにせよ事態は深刻で、その影響でほぼ全ての選手が売却対象になっている。

 その中から構想から外れている選手をできうる限り高額で売却して収支を改善し、今夏、あるいは来夏のキリアン・エムバペの獲得資金に充てる。これがマドリーの思い描いている青写真で、そんな不確定要素が多い状況が、タケが復帰に一縷の望みをかける心の支えにもなっている。

 構想外組の中でタケの去就にダイレクトに関わってくるのがベイルとイスコだ。2人とも来年6月に契約が満了し、首脳陣はそのタイミングを待ってタケを復帰させたい意向を持っている。

 しかし既述したように、今のマドリーは何が起こるか分からない。過去にも当初、新たなレンタル先を探していたところ、ポール・ポグバ(現マンチェスター・ユナイテッド)の獲得が見送られたことで、方針を変更し復帰が決まったフェデリコ・バルベルデのケースもある。

 対照的にタケと同じ状況にあったブラヒム・ディアスは出場機会を求めて早々にミランへの再レンタルを決めた。しかしタケはあくまでオリンピックに集中し、大会が終わり次第、マドリーの状況を踏まえたうえで最終的な決断を下す考えだ。
 
【関連記事】
杓子定規の対応にセバジョスらは不満…それでも選手村に入って雰囲気が変わったワケ【U-24スペイン代表の東京五輪滞在記】
「厳しい試練」スペイン紙は準決勝の対戦相手、日本に戦々恐々!「何年もかけて作られたチームだ」【東京五輪】
スペイン紙が東京五輪の金メダル獲得チームを予想! 読者アンケートで1位となったチームは?【東京五輪】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「迷惑をかけてしまった」と久保建英が反省。スペイン戦に向けては「150%の力でチームを勝たせたい」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ