「次は決めます」チームの心臓、遠藤航が名誉挽回宣言!ファンからは「期待しかない」「この男が鍵を握る」【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月31日

開始早々の決定機をモノにできず…

遠藤航がリベンジを誓った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 チームの心臓が名誉挽回を誓った。

 日本は7月31日、東京五輪の準々決勝でニュージーランドと対戦。グループステージを3戦全勝で突破した勢いそのままに、立ち上がりから押し込み、10分にはいきなり決定機を迎える。

 右サイドから林大地がグラウンダーのクロスを入れると、飛び込んだ遠藤航はゴール至近距離で、フリーでシュート。しかし、焦りもあったか左足での一撃は枠を大きく外してしまった。

 結局、その後も日本はビッグチャンスを迎えながら、ネットを揺らせず。勝負の行方はPK戦に委ねられた結果、最後はPKスコア4-2で接戦をモノにした。

 試合終了からほどなくして、遠藤は自身のSNSを更新。「さあ、あと2つ。次は決めます」と短くつぶやいた。
 
 豊富な運動量と対人の強さでチームを牽引してきた背番号6の決意表明には、多くのファンが反応。次への期待の声が続々と集まっている。

「頼むぞ!デュエルキング!」
「心臓に悪いから90分で勝ちきって!!」
「期待しかない」
「最高のチーム!このチームならいける!!」
「行こうてっぺん!バモス、日本!!」
「スペイン相手にぶちかまして下さい」
「この男が鍵を握ると思う。頼むぞ航」

 8月3日の準決勝ではスペインと激突。燃える男の圧倒的なパフォーマンスに大注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本0(4PK2)0U-24ニュージーランド|谷が勝利を引き寄せるPKストップ!ロンドン大会以来となるベスト4ヘ!

【五輪代表PHOTO】GK谷晃生がスーパーセーブ!PK戦に勝利し歓喜に沸くU-24日本代表の笑顔を厳選!
【関連記事】
【セルジオ越後】次は日本サッカーの決勝戦! メダルを獲らないと見向きもされないのが五輪だよ
「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」本田圭佑がNZ戦を解説!【東京五輪】
「迷惑をかけてしまった」と久保建英が反省。スペイン戦に向けては「150%の力でチームを勝たせたい」【東京五輪】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
「世界を驚かせるまであと一歩で…」日本にPK戦負けもNZメディアは胸を張る!「戦士たちよ、顔を上げろ!」【東京五輪】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ