しんどい展開のNZ戦。しかし谷がPKを止めた瞬間、悪い流れがすっと消えた【東京五輪/編集長コラム】

カテゴリ:国際大会

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年07月31日

こうした試合を乗り越えて勝ち進んだ経験は…

PK戦を含め最後まで冷静だったGK谷。この表情からは安堵感も。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京五輪のグループリーグで3戦全勝の日本と、1勝1分1敗の2位で2位通過したニュージーランド。近年の国際舞台での実績も踏まえた力関係で考えれば日本がおそらく勝つだろうとなるが、サッカーにおいてこういう試合が意外に予想外の展開になる。

 プレッシャーがよりかかるのは“勝って当然だろう”と見られていた日本のほうで、ニュージーランドは失うものは何もないと果敢に挑んでくる。この心理的構造が厄介で、日本からすれば早い時間帯に先制して相手を多少なりとも動揺させたかった。

 しかし日本は、守備重視の5バックで戦うニュージーランドを相手に苦戦。バイタルエリアまではボールを運べるものの、エリア内でのプレーに精彩を欠いた。引き気味の南アフリカをなかなか攻め崩せなかったグループリーグ初戦と同じような流れで、ボールを持たされている時間が続いた。どちらかと言えば、ニュージーランドのペース。それが前半の印象だった。

 前半の日本が苦しんだ一因は、敵陣サイドであまりフリーな状態でプレーできなかった点におそらくあるだろう。サイドから効果的な速攻を仕掛ける回数が少ないから、ニュージーランドの守備が崩れないと、そんな見方もできたはずだ。

 累積警告での次戦出場停止の怖さ、連戦の疲れもあってか、後半も日本は動きがどこか重たかった。55分あたりからはニュージーランドがボールを保持する時間帯もあり、思うようなゲーム運びをできなかった。
 
 しんどい……。途中出場の上田、三好、三笘がいまひとつ乗れず、観ている側も息が詰まりそうな展開となった試合で延長戦、PK戦も含めて冷静に戦っていたひとりがGKの谷だ。CBの吉田も試合後に「後ろがよく耐えた」と言っていたように、最終ラインが最後まで粘り強く対応していたからこそニュージーランドの波に呑み込まれなかったのだ。その点でクロスを何本も弾き、ニュージーランドのウッドに仕事をさせなかった谷はこの日のマン・オブ・ザ・マッチと言っても大袈裟ではない。

 PK戦で流れを呼び込んだのは、1人目の上田がきっちりと決めたゴールと、その後の谷のセーブ。ニュージーランド2人目のキッカーのシュートを止めた瞬間、それまでの悪い流れがすっと消えたような感じがした。象徴的だったのは日本がPK戦を制した直後、チームメイトが揃って谷のところに駆け寄ったシーン。彼こそ勝利の殊勲者とみんなが表現しているようだった。

 内容はともかく、結果がすべての五輪。こうした試合を乗り越えて勝ち進んだ経験は、谷だけでなく、チームにとっても大きな自信になるはずだ。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集長)

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
【U-24日本 0(4PK2)0 U-24ニュージーランド|採点&寸評】死闘を制し4強入り! PK戦で活躍の守護神がMOM!/東京五輪
「今日のMVPは麻也」「相手監督を褒めるしかない」本田圭佑がNZ戦を解説!【東京五輪】
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
「迷惑をかけてしまった」と久保建英が反省。スペイン戦に向けては「150%の力でチームを勝たせたい」【東京五輪】
「ラグビーでも行ける」「泥臭さがいいよね」1トップ林大地の気迫のこもったデュエルに反響!【東京五輪】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 総力特集!
    6月8日発売
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1383選手を完全査定
    日本代表特集も満載
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ市場オープンへ!
    6月1日発売
    2023 SUMMER TRANSFER
    夏の移籍
    「完全ガイド」
    決戦目前! CL決勝展望も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ