「自分の計算とは違っていた」高倉監督がスウェーデン戦で感じた女子サッカー界の急速な進歩【東京五輪】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月30日

「フィジカル的な要素を補うべく…」

高倉監督が試合後、会見に出席しスウェーデン戦を振り返った。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京オリンピック・女子サッカーの準々決勝が7月30日に行なわれ、なでしこジャパンはスウェーデン女子代表に1-3の敗戦。ベスト8で大会を終えることとなった。

 試合後、会見に出席した高倉麻子監督は、言葉を選びながら「残念だった」と試合を振り返った。

「スウェーデンは、シンプルに高さと体格のところで難しい相手だということを全員で自覚して試合に臨みました。そのなかで前半の早い時間に失点したのは、ずっとチームとしても課題にしていたので、そこは少し残念でした。後半も自分たちのペースで我慢をしながら戦っていくなかで、失点が重なってしまったことで重くなってしまったのかなと思います」

 今大会の誤算について記者から問われると、「足りなかったことはいま……。自分の中で整理して答えるのは難しいです」としながらも、こう続けた。
 
「世界の中で日本がやっていくうえで、フィジカル的な要素を補うべく、選手とともに努力を重ねてレベルアップした部分もありました。世界に挑んでいくという部分で、表現できた部分もあると思いますが、世界中の女子サッカーの急速な進歩というところの幅が、自分の計算とはちょっと違っていたのかなと強いて言えば思います。

 ただ、決してまったく届かない位置にいるとは思いません。選手にはこの敗戦を決して無駄にすることなく前に進んでほしいと思いますし、簡単に倒れず、日本の女子サッカーが前に進んでいくことを望んでいます」

 目指していたメダルという結果には届かなかったが、高倉監督は「自分たちに足りなかったものをしっかりとらえて、今後足りなかったことを補い、良かったことに対しては自信を持って進んでいけたらいいなと思います」と、敗戦後すぐの状況で整理のつかない心情のなか、言葉を振り絞った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子1-3スウェーデン女子|田中の得点で同点に追い付きペースを掴むも追加点が遠く... なでしこはベスト8で大会を去ることに

【五輪PHOTO】ボーイフレンドはアルフォンソ・デイビス!美と強さを兼ね備えたカナダ女子FWジョーディン・ハイテマ!
 
【関連記事】
さらなる“なでしこ離れ”も…。岩渕の言葉を選手たちはどう受け止めるのか【東京五輪/編集長コラム】
岩清水梓が8強敗退の後輩たちに苦言「もっと戦うべきところはあった」【東京五輪】
【なでしこジャパン1-3スウェーデン|採点&寸評】強豪に力負け。それでも評価したい選手は…/東京五輪
「いったいなにが起こっている!」出揃った五輪ベスト8の顔ぶれに海外衝撃!「日本がもっとも盤石」【東京五輪】
【セルジオ越後】タフで強い、本当に凄かった! フランス戦で一番輝いたのは久保くんでも遠藤でもないね/東京五輪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ