「運動能力が劣る?愚かな一般論だ」英代表監督がアジア系選手の発掘改善を訴える!「無意識なバイアスがある」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月29日

「スカウトの仕方を我々は見直すべきだ」

イングランド代表監督を務めるサウスゲイトが、裾野拡大を訴えた。(C)Getty Images

画像を見る

 新たな才能の発掘は、いつの時代でも必要だ。イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、そのために見直すべき点があると考えている。アジアにルーツのある選手たちのスカウトだ。

 米スポーツチャンネル『ESPN』によると、アジアのバックグラウンドを持つイギリス人は国民の7%にのぼるが、それらの国民のプロサッカー選手における割合は0.25%にとどまっている。

 アジア系の選手や指導者、審判に関するイングランドサッカー協会のシリーズ動画の中で、サウスゲイトは「スカウトの仕方を我々は見直すべきだ」と話した。
 
「歴史的に無意識なバイアスみたいなものがある。アジア系の選手は運動能力がそれほどではない、ほかの選手たちほど強くないといった感覚があるかもしれない。それはとても愚かな一般論だ。

 今では多くの様々な場所でサッカーが行なわれている。アジアコミュニティのスカウトについて、そういう子どもたちがプレーしているかもしれない場所に入っていくために、私たちはクリエイティブにならなければいけない。そして、そういった選手たちをより幅広いリーグに促さなければいけない。もっと簡単にほかの選手たちと評価できる場所にね。それからアカデミーのシステムに入れるようにするんだ」

 優秀な人材の確保は、どの国にとっても重要な課題だ。社会の多様化が進んでいくなかで、常に創造的なシステムの構築が求められる。日本を含め、各国はその努力を将来の結果に結びつけられるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「イングランド代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「日本はスペインやブラジルほどに強い」韓国メディアは“日韓戦回避”をどう伝えた? 自国の勝利は「完璧な作戦勝ち」
「いったいなにが起こっている!」出揃った五輪ベスト8の顔ぶれに海外衝撃!「日本がもっとも盤石」【東京五輪】
【セルジオ越後】タフで強い、本当に凄かった! フランス戦で一番輝いたのは久保くんでも遠藤でもないね/東京五輪
「こんなこと言うのおこがましいですけど…」3戦連発で絶好調の久保建英がサポーターへ粋なメッセージ!
圧巻の3戦連発!五輪で絶好調の久保建英、スペイン紙アンケートでファンの過半数は「マドリーに残すべき」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ