パリSG行きが囁かれるポグバ、マンUの70億円延長オファーを拒否か。2度目の別れに現実味

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月23日

パリSGは63億円の移籍金を用意とも

ポグバはマンUを再び離れることになるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 2度目の別れは、この夏なのだろうか。

 英紙『Mirror』は7月22日、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバが、クラブからの総額5000万ポンド(約70億円)の新契約オファーを断ったと報じた。

 ユナイテッドとの現行契約が残り1年を切り、このままでは冬に他クラブと自由に交渉可能となるポグバは、契約延長交渉の行方が取りざたされている。

 クラブはフランス代表FWをチームに引き留めようと、週給25万ポンド(約3500万円)の現行サラリーからの大幅アップを提示したという。だが、ミーノ・ライオラが代理人を務めるポグバ側に断られたそうだ。

 このままでは、ユナイテッドは2016年にユベントスから8900万ポンド(約124億6000万円)で買い戻したポグバを、来年夏にフリーで失うことになる。その事態を避けたいレッド・デビルズが、契約延長に応じていないポグバをこの夏売却する可能性は十分に考えられる。
 
 売却先の有力候補と言われるのが、ポグバの母国フランスを代表するパリ・サンジェルマンだ。4500万ポンド(約63億円)の移籍金を用意していると言われる。ただ、ユナイテッドは契約残り1年となった今でも、28歳を5000万ポンドと評価しているとのことだ。

 この夏のパリSGは、インテルからアシュラフ・ハキミを獲得。さらにフリートランスファーでジョルジニオ・ヴァイナルダム、セルヒオ・ラモス、ジャンルイジ・ドンナルンマと、数々のビッグネームを招いた。その大物リストに、ポグバも加わるのだろうか。

 ユナイテッドのユースで育ったポグバは、2012年にユベントスにフリーで移籍し、イタリアの地で大きな飛躍を遂げてから、4年後に復帰した。それから5年。再び生え抜きの星がイングランドを去るのか、進展に注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のマンU・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「あるまじき振る舞いだ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”を母国記者が糾弾!「いろんな意味で壊滅的な一日」【東京五輪】
【セルジオ越後】日本のほうが夏バテ気味だった五輪初戦…堂安も田中も、いつもの彼らじゃなかった
「無言の激励がすごい」アーセナルの超絶レジェンドが送った岩渕真奈への“背中エール”が大反響!「こういうの大好き」
なぜ冨安はベンチを外れたのか? 森保監督が試合後に明かす「いつまでに戻るとか、お話できる状態にない」
「幸せがあふれてる」イニエスタが日本の夏を満喫! 愛妻との“日光浴ショット”に反響「キュンです!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ