久保建英の決勝弾に至るメカニズムを解明。田中碧ほか、何人の選手が、どのように絡んだか【識者コラム】

カテゴリ:連載・コラム

河治良幸

2021年07月23日

堂安と久保がフリーになっていた。これが伏線になる

南ア戦の決勝点をお膳立てした田中。相手の動きをよく観察してフリーになり、逆サイドの久保に高精度のロングパスを通した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 やはり五輪の初戦と言える厳しい試合だった。親善試合にも意味はあるし、結果も無意味ではないが、公式戦になってみないと分からないことは多い。

 南アフリカはエース級の候補だったFWフォスターが参戦できず、選手2人を含む3人の陽性者、さらにチームの大半が濃厚接触者として再検査の対象になるなど、試合が開催できるか当日まで不透明な状況だった。

 しかし、いざ試合が始まれば5バックをベースにして守備を固めて、日本の攻撃を全力で封じに来た。そして0-0のまま前半が終わろうとしていた時間帯に一気加勢の攻撃に転じてゴールを狙いにくる強さもあった。そんな相手から日本がようやくゴールを奪ったのは71分だった。

 左サイドの田中碧から弧を描くパスを受けた久保建英が、正確なボールコントロールからマーカーのマビリソを外して、パワフルな左足シュート。それまで素晴らしい対応で日本に立ちはだかっていたオーバーエイジのGKウィリアムズが届かない左隅に決めきった。ゴール後、おなじみのKマークを作った久保を中心に、開会式より前に歓喜の輪が広がった。

 このゴールシーンにフォーカスして、なぜ日本が南アフリカからゴールをこじ開けられたのかを検証したい。森保一監督は前半から左サイドで奮闘していた三好康児に代えて、60分から相馬勇紀を送り出していた。それまで堂安律、久保と2列目で流動的なプレーをしていた三好と異なり、相馬は左の大外に張りながら縦に仕掛ける自分の得意なスタイルを押し出した。

 実はちょうどゴールが決まる直前に、相馬は左サイドバックの中山雄太から縦パスを引き出して、そこからインサイドにドリブルを仕掛けている。南アフリカはサイドバックのフロスラーとセンターバックのムクメラが挟み込む形で、ボックス内でボールを奪うことに成功した。
 
 この時に南アフリカの守備が1トップの林大地とともに、ゴールエリアのところまで吸収される形で、その手前の堂安と久保がフリーになっていた。これが伏線になる。

 ボールを奪ったムクメラが右ワイドに持ち出すと、後ろからは相馬、手前からは中山がプレッシャーをかけにくる。そのタイミングで右前方に流れた1トップのマクコパに長い縦パスが出るが、これを板倉滉が鮮やかにインターセプトする。板倉がすぐに顔をあげるとボランチの遠藤航がフリーでパスを呼び込んだ。

 遠藤がボールを持った時に、縦の関係を作っていた田中がパスを受けようとしたため、南アフリカの右サイドハーフを担うセレが少しインサイドに絞った。その状況を遠藤は見逃さず、板倉より前に出ていた中山に素早くパス。そのさらに斜め外側にポジションを取った相馬が高い位置で再びボールを受けることができた。

【五輪代表PHOTO】至宝の左足が炸裂!白星発進に大きく貢献した久保建英を特集!

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-0U-24南アフリカ|均衡した展開の中で久保が値千金の先制弾!五輪初戦を勝利で飾る!
 
【関連記事】
「あるまじき振る舞いだ!」ウッドの握手を拒否した“韓国10番”を母国記者が糾弾!「いろんな意味で壊滅的な一日」【東京五輪】
なぜ冨安はベンチを外れたのか? 森保監督が試合後に明かす「いつまでに戻るとか、お話できる状態にない」
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」
【U-24日本1-0U-24南アフリカ|採点&寸評】まさかの大苦戦もウノゼロ勝利!千金弾の久保が最高評価!
「とても暴力的なエジプト」優勝候補スペイン初戦はドロー。負傷者2名を生んだ敵チームを現地メディアが猛批判!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ