「とても暴力的なエジプト」優勝候補スペイン初戦はドロー。負傷者2名を生んだ敵チームを現地メディアが猛批判!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月22日

ミンゲサ、セバージョスが負傷交代

開始わずか20分でDFミンゲサが負傷交代。(C)Getty Images

画像を見る

 7月22日、東京オリンピックの男子サッカー第1節が各地で行なわれ、グループCではU-24エジプト代表とU-24スペイン代表戦が激突し、スコアレスドローに終わった。

 スペインは、18歳ペドリらEURO2020に参加していたメンバー6人全員と、ダニ・セバージョスらオーバーエイジ3人が先発出場。ベストメンバーと言える布陣で初戦に臨んだ。

 しかし、序盤からエジプトの激しいチェックに苦しめられ、思うようにボールを回すことができず、得点を奪えない。また、22分にDFオスカル・ミンゲサ、前半終了間際にセバージョスが負傷交代という不測の事態に追い込まれてしまった。

 現地メディア『EL ESPANOL』は「暴力的なエジプトとのドロー」と敵チームを猛批判。「すくなくともセバージョスは重傷に見えた」と伝えた。
 

前半のみでの交代を余儀なくされたセバージョス。(C)Getty Images

画像を見る

「スペインは前回の五輪でも悪夢のような経験をしているが、今回も同じようなかたちで始まった。ルイス・デ・ラ・フエンテが選択したチームは、得点に届かなかった。しかし、醜いタックルと暴力的なゲームぶりが目立ち、ミンゲサとセバージョスが負傷した。

 少なくともミンゲサは回復可能に見えたが、このチームはセバージョスを失って戦うことになるだろう。テル・モハメドは思わずアンダルシア人の足首を踏みつけてしまった。おそらく捻挫だったと思われる」

 加えて、自国チームのプレーぶりも「スペインはあまりにもゆっくりとしたペースでプレーした。このチームを活性化させるためには相当な労力が必要だ」と嘆き節だ。

 スペイン代表は25日にオーストラリア、28日にアルゼンチンと対戦する。果たして、負傷したふたりは再びチームに合流できるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【セルジオ越後】日本のほうが夏バテ気味だった五輪初戦…堂安も田中も、いつもの彼らじゃなかった
ブラジル代表10番リシャルリソンがいきなり爆発!ドイツ相手に前半だけで圧巻ハットトリック!【東京五輪】
【U-24日本1-0U-24南アフリカ|採点&寸評】まさかの大苦戦もウノゼロ勝利!千金弾の久保が最高評価!
韓国がまさかの黒星スタート! 格下ニュージーランドを相手に拙攻が続き、0-1敗北の屈辱!【東京五輪】
【五輪男子サッカー】オセアニア王者のニュージーランドが韓国を撃破! ルーマニアが 1点を守り切り白星発進|グループB

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ