「出会えました」アトランタ五輪“マイアミの奇跡”の一員、前園真聖が25年ぶりの再会を報告!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月22日

「今でも忘れられない」「もう25年か…」

西野朗監督が率い、前園キャプテン、中田英寿(14番)、城彰二(9番)、服部年宏(6番)らが揃っていたアトランタ世代。(C)Getty Images

画像を見る

 ちょうど25年前の7月21日、米国アトランタで行なわれたオリンピックのサッカー男子で、世界最強のブラジルを日本が破った試合は、「マイアミの奇跡」と呼ばれ、今もサッカーファンの心に強烈に刻まれている。

 そのミラクルを起こした一員である前園真聖さんが7月22日、自身のインスタグラムを更新。「再会」というハッシュタグを添えて、古びてふにゃふにゃになったサッカーボールとのツーショット写真を公開した。

 アトランタ五輪当時、エースとして、そしてキャプテンとしてオリンピック代表に名を連ねていた前園さん。笑顔で手にしているのは、黄色味を帯びた古びたサッカーボールで、実際に日本対ブラジル戦で使用されていたものだという。

「少し前にアタランタ五輪のサッカー日本代表の試合で、実際に使われていた試合級に出会えました。25年ぶりの再会です」(原文ママ)
 
 四半世紀を経ての“相棒”との再会は、前園さんにとっても感慨深いものであったようだ。また、ファンも懐かしさに胸がいっぱいになっているようだ。

「すごくない?」
「素敵です!」
「自動車教習所の待合室で観てたな~」
「もう25年ですか?!あの日はスタジアムで感染してました。忘れられない日の一つです」
「時間が経つのは早いです。今日の試合楽しみですね」
「マイアミの奇跡は、本当にすごかったですよね、前園ブームでしたね!」
「当時のキレッキレドリブル最高でした」
「アトランタ五輪の時、中学生でした。ブラジル撃破した試合は練習前でしたが、感動したのを今でも覚えています」

 マイアミの奇跡から25年後と1日が経った今日、今度は東京でU-24日本代表がオリンピックの初戦を迎える。先輩たちに負けないような戦いぶりを、若きサムライたちは見せることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本VSブラジル戦で実際に使われていたボールと”再会”し、笑顔の前園キャプテン
 
【関連記事】
「今日は男子サッカー。頑張れーーー!!!」殊勲の同点弾を奪った岩渕真奈、“弟分”に熱いエール!
「アジア最高の才能」「ベッカムに匹敵」中田英寿が残した衝撃を英誌が回想!“世界で最も市場性のある選手”と紹介
元日本代表FW城彰二が五輪のオーバーエイジ枠に持論!「絶対反対」「ふざけんなって話」
日本が警戒すべき 南アフリカの注目選手を一挙紹介! キーマンはポルトガルで研鑽を積むドリブラー
【南アフリカ戦のスタメン予想】久保、堂安と2列目を組むのは? 三笘の状態は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ