「おい、司!一緒に大分に帰ろう」プロ17年目を迎えた梅崎司が多くのサポーターに愛される理由

カテゴリ:Jリーグ

佐藤亮太

2021年07月22日

勝敗に関係なく、浦和サポーターと埼スタで交わす年に一度の心の交流だ。 本

大分への移籍が決まった梅崎。これまで所属したクラブでは常に愛される存在だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「ただいま」「おかえりなさい」

 14年ぶりの復帰にふさわしい加入となった。

 今月20日、J1湘南から大分に完全移籍したMF梅崎司のオンライン会見が行なわれた。

 プロ17年目。思えば、梅崎ほど多くのサポーターに愛されている選手はそうはいない。そう感じられる光景を何度も目にした。

 湘南所属時の2019年5月12日。J1・11節のホーム大分戦。

 先発した梅崎は両チーム最多タイの4本のシュートを放ち、71分までプレーしたものの、結果は1-0の敗戦となった。

 試合後、梅崎はひとりアウェースタンドに向かった。

 この年、大分は6年ぶりのJ1での戦い。自身、古巣への感慨があっての挨拶だった。
 
 近づくと大分サポーターからこんな声が聞こえた。
「おい、司!一緒に飛行機に乗って大分に帰ろう!」
「関東はもういいだろ。一緒に帰ろう!」

 小さくうなずき、両腕を挙げ、その声に応えた梅崎。後日、聞くと、嬉しさでその瞬間、涙が出そうになったという。

 そして、今年6月20日。J1・18節のアウェー浦和戦。

 開幕直前、腰の故障で出遅れたものの、戦えるコンディションに高め、出場機会を得た。「浦和戦は特別なゲーム」と公言するように、梅崎は途中投入された4分後の87分、3点目となるDF岡本拓也のゴールをアシスト。見事なクロスだった。

 試合後、DF岡本、MF山田直輝の3人で埼スタを一周すると、浦和時代の背番号7のユニホームが掲げられ、温かい声援があった。

「おかえり、ウメちゃん」「また埼スタで」
 勝敗に関係なく、浦和サポーターと埼スタで交わす年に一度の心の交流だ。

「(サポーターに愛されていると)すごく感じています。自分の生き方を肯定してくれるというか……、やはりプロの世界なので、その時々で判断しなければなりませんし、僕も何度も経験しました。でも、そのたびに応援してくれるサポーターがいてくれて、メチャメチャ幸せです」

 果たして大分、浦和、湘南と、梅崎が多くのサポーターに愛される理由はなにか?
 
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
【南アフリカ戦のスタメン予想】久保、堂安と2列目を組むのは? 三笘の状態は?
苦悩のち覚醒。成長を語るうえで久保建英の恐るべき能力が…【東京五輪代表のルーツ探訪・後編】
「なぜ自分は出られなかったのか」。負けず嫌いな久保建英を象徴するエピソード【東京五輪代表のルーツ探訪・前編】
【東京五輪】男子サッカー 日程&結果/順位表/記事・動画一覧

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ