バルサ安部裕葵、今オフ初のPSMに出場! 後半からプレーし、絶妙アシストで勝利に貢献

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月22日

左サイドから絶妙なクロスでゴールを演出

後半から出場し、1アシストを記録した安部。(C)Getty Images

画像を見る

 ラ・リーガのバルセロナは、ヨハン・クライフスタジアムで今季初のプレシーズンマッチを行ない、ヒムナスティック・タラゴナ(3部相当)に対して4-0の快勝を収めた。

 EURO2020やコパ・アメリカ、東京五輪などに参加した選手が不在の状態で臨んだ同試合には、バルセロナBからの選手も多く参加。加入して3年目に突入する安部裕葵もスカッドに名を連ねた。背番号は、昨季はウスマンヌ・デンベレが背負った「11」番を与えられた。

 ロナルド・クーマン監督も見守るなか、前半はDFセルジ・ロベルトやジェラール・ピケら主力に加えて、リキ・プッチら若手が加わった混合チームが先発。38分に相手DFが一発退場となり、バルサが数的有利になったものの得点は奪えず、スコアレスで折り返した。

 そして、後半からは注目の16歳MFガビらバルセロナBの選手に総入れ替えされ、安部も出場。右ウイングに配置された。

 スコアが動いたのは60分。FWレイ・マナフが、エリア内でDFを背負いながらも、振り向きざまの右足でニアをぶち抜くシュートを叩き込み、先制点をもたらす。このゴールの後、安部は左ウイングに回り、たびたび好機に絡んだ。
 
 流れが徐々にバルサに傾き、85分にはMFアレックス・コジャドが右から中央に切り込んでシュート。これが敵DFに当たって軌道が変わり、ボールはネットに吸い込まれた。

 そして86分、安部は味方のスルーパスに反応してDFの裏へ鋭く抜け出し、左サイドからゴール前にクロスを送る。中央に走りこんでいたマナフは、これに合わせて胸で押し込み、リードを3点に広げた。さらに90分、左サイドから切り込んでPKを獲得すると、マナフが冷静に決めてハットトリックを達成。バルサはPSM初戦で、4-0の快勝を収めた。

 2019年にバルセロナBに加入後、負傷などに悩まされ続けてきた22歳の安部は、今年4月に入って本格的に復帰。今シーズンは何事もなくサッカーができる状態でプレシーズンを迎えている。

 今後、バルセロナはジローナ(24日)やシュツットガルト(7月31日)とのテストマッチが計画されている。主力メンバーも少しずつ復帰するなか、再び安部にチャンスは巡ってくるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】左サイドから鋭い上がりを見せた安部が絶妙クロス! レイ・マナフのこの日2点目をお膳立て
 
【関連記事】
「こんなこと言っていいか分からないですけど…」久保建英が濃厚接触者多数の南アフリカ戦に言及
「これが安心安全にプレーできる環境か」吉田麻也は海外記者からの問いに何と答えた?
「来年こそはサッカーやらせて笑」戦線離脱の安部裕葵が心境を吐露。元鹿島の先輩にはクレームも?
「本当に美しくて素敵」メッシ一家がギター型ホテルでバカンスを満喫! 家族写真に計1100万超「いいね」の大反響
メッシ、50%の減俸でバルセロナと5年契約締結か。アグエロとの黄金タッグ結成へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ