「カネを追う者が幸せになるとは限らない」パリSG移籍のドンナルンマに名将サッキが苦言!「もっとミランに感謝すべきだ」

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月19日

「カネでたどり着かないところにもアイデアでたどり着ける」

ミランとの契約を更新せず、パリSGへ移籍したドンナルンマ。(C)Getty Images

画像を見る

 PK戦での決定的なセーブで母国に53年ぶりの栄光をもたらし、EURO2020の大会MVPに輝いた。ジャンルイジ・ドンナルンマの市場価値は、ますます高まるばかりだ。

 そのドンナルンマを、ミランはこの夏に手放した。ミーノ・ライオラを代理人とするドンナルンマと契約延長に至らず、契約満了を迎えたからだ。ドンナルンマは16歳でセリエAデビューを果たしたミランを去り、パリ・サンジェルマンに移籍した。

 新たに結んだ5年契約の年俸は、1000万ユーロ(約12億5000万円)とみられる。一方、フリーでの移籍となったため、ユース時代からドンナルンマを育てたミランは移籍金を得られなかった。

 かつてミランで黄金期を築いたイタリアの名将アリーゴ・サッキは、ドンナルンマに苦言を呈している。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、「残念だ」と話した。

「クラブは彼をビッグにした。もっと感謝を示すべきだった。カネを追う者が、必ずしも幸せにたどり着くわけではない」

【PHOTO】2021年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 投資会社エリオットがオーナーのミランは、補強を進めながらも収支に気をつけている。サッキは「どのクラブもそうすべきだ」と話した。7月17日に獲得を発表したオリビエ・ジルーについては、「最近は出場機会が少なく、リスクになり得る」と述べている。

「だが、大金を投じたくなければ多少の不都合はあり得ると承知のはずだ。わたしはカネでたどり着かないところにもアイデアでたどり着けると教わってきた。ミランにはそのアイデアがある」

 ただ、サッキが新シーズンのセリエAで有利とみているのは、マッシミリアーノ・アッレーグリ監督が復帰したユベントスだ。サッキは「アッレーグリには明確なアイデアがあり、それを適応するのがうまい」と評している。

「彼は自分が望むことを知っており、ほぼつねにそれを手に入れてきた。わたしは、インテルやミランよりユベントスが有利だとみている。彼らにはより多くの何かがある」

 昨シーズンのセリエAはインテルがユベントスの連覇に終止符を打ち、11年ぶりに王座を奪還した。2021-22シーズンは、ユーベがその王座を取り戻すのか、注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【動画】パリに到着したドンナルンマの様子をチェック! 
【関連記事】
「勝ったことに気付いていなかった」EURO制覇の立役者、ドンナルンマが驚愕の事実を告白!
「オリンピックが最後のチャンス」久保建英のマドリー残留は五輪の結果次第? スペイン大手紙が見解
「だからここに来ると決めた」ミラン加入のジルー、“呪いの9番”を選択! 移籍決断の理由は?
「屈辱的だ」イタリアの主将キエッリーニの振る舞いをスペイン人記者が批判! 英紙は「心理戦を制した」
トゥヘルのCL制覇で、解任を咎められたパリSGのレオナルドSD。監督や選手と次々に対立、失策続きで立場が危うく…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ