なぜU-24日本代表は優勝候補スペインと渡り合えたのか。わずか4日間で生じた“変化”とは――

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年07月18日

前半のシュート数は日本が上回る

堂安のシュートで42分に奪った先制点は“狙い通り”だったようだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 東京オリンピックの初戦を5日後に控えたU-24日本代表は7月17日、U-24スペイン代表と対戦し、1-1のドローで大会前最後の強化試合を終えた。

 GKウナイ・シモン、DFエリク・ガルシア、DFパウ・トーレス、MFペドリ、FWダニ・オルモ、FWミケル・オジャルサバルというEURO2020でベスト4進出に貢献した6人に加え、マルコ・アセンシオ、ダニ・セバジョス、ミケル・メリーノらのタレントを招集したスペインは、金メダル候補の筆頭だ。

 とはいえ、オーバーエイジの合流で格段に戦力がアップし、金メダルを現実的な目標に掲げる日本は、このクラスの相手を本番で打ち破らなければならない。優勝候補を相手にどこまで通用するのか、その試金石ともなるこの一戦には、小さくない注目が集まった。

 試合は予想通り、立ち上がりからボールを支配され、押し込まれる展開となる。精度の高い縦パスを通され、そこからピンチになりかけたシーンはあったが、右SBの酒井宏樹が水際で防げば、吉田麻也と冨安健洋の両CBも最後の局面では敵に自由を与えず、左SBで先発した攻撃力が売りの旗手怜央も守備で奮闘を見せる。

 中盤では、田中碧に代わって遠藤航とダブルボランチを組んだ板倉滉がプレスの急先鋒となり、テクニカルなスペインにガツガツとプレッシャーを掛け、押し上げを食い止めた。ポゼッションでは圧倒されていたが、守備ブロックは機能しており、ピンチがそれほど多かったわけではなかったのだ。

【動画】久保の果敢な突破から堂安が左足一閃!日本の鮮やかな先制点
 
 すると、敵将ルイス・デ・ラ・フエンテが「日本とはコンディションに差があった」と認めたように、徐々にスペインのペースが落ちる。日本はこの隙を見逃さなかった。30分過ぎから、カウンターでチャンスを作り出すと、「どこかで自分がこじ開けられないかと思っていた」という久保建英が42分に左サイドを突破し、中央へグラウンダーのパスを供給。これを受けた堂安律が得意の左足で鮮やかなシュートを叩き込み、先制点を挙げるのだ。

 攻め込まれながらも前半のシュート数は5対4で日本が上回った。狙い通りの展開に持ち込んだ森保一監督は試合後、次のように語っている。

 【五輪代表PHOTO】U-24日本1-1U-24スペイン|五輪前最後の試合はスペインを相手にドロー決着!
 
【関連記事】
「無敵艦隊と互角」U-24日本代表の健闘に韓国メディアも驚き!「スペインを相手に一歩も引かなかった」
【セルジオ越後】五輪のキーマンは堂安。スペイン相手に決めたゴールは、勝ち抜く上で大きな武器になる!
【U-24日本1-1U-24スペイン|採点&寸評】優勝候補から先制点の10番がMOM!奮闘したDF陣も高評価
「クボがスペインを壊す」久保建英の圧巻アシストに敵国メディアも感嘆!「アンチェロッティが注目」
吉田麻也が語りたかったテレビコメントの続きとは?東京五輪の無観客開催に「真剣にもう一度検討して頂きたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ