吉田麻也が語りたかったテレビコメントの続きとは?東京五輪の無観客開催に「真剣にもう一度検討して頂きたい」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月18日

「家族も戦う一員です」

アスリートの意見が自由に言えない風潮にも釘を刺した吉田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

「本当に、真剣にもう一度検討して頂きたいなと心から願っています」

 試合後にオンライン上で取材に応じた吉田麻也は、一アスリートとしての気持ちを明かした。

 U-24日本代表は7月17日、東京五輪前最後の親善試合となるU-24スペイン代表戦を行ない、1-1の引き分けに終わった。オーバーエイジ枠で参加し、キャプテンを務める吉田は、試合後にフラッシュインタビューに応じた。

 リポーターから「無観客開催ですが、日本の皆さんにはどんな姿を見せたいですか?」との質問を振られると、「無観客は…残念ですね。今日もたくさんのお客さんがこうやって見に来てくれて、最後の5分、10分の苦しい時間にサポーターの声援というのは本当に力になると思います。なかなかアスリートがそこに関してコメントを発することが難しい状況にあるので…」

 しかし、話の途中で放送時間が終了し、真意を伝えきれずに終わってしまっていた。

 改めて試合後のオンライン会見でそのコメントの真意を聞かれると、吉田はその胸中をこう語った。
 
「(無観客について賛否の)どっちのコメントをしても叩かれる状況というのは個人的には間違っていると思う。この大会、オリンピックをやるにあたって、国民の税金がたくさん使われていると思います。なのに、国民がそれを観に行けないというのは、いったい誰のための、何のための五輪なのかという疑問ももちろんあります。

 アスリートとしては当たり前ですが、やっぱりファンの前でプレーしたいです。

 今日もそうですが、残り10分のああいう苦しい時に、ファンの方々のエネルギーは確実に僕たちの助けになります。僕たちも本当のトップトップではないので、その助けを必要としていると思います。

 JOCの山下会長もオンラインの壮行会でおっしゃっていましたが、自分が小さい時に見た五輪で衝撃を受けたし、ものすごく感動したと。

 僕たちが子どもたちにできることというのは、ただ家のなかに閉じ込めて、友達とも会わずに事が過ぎるのを待つことだけじゃない。もっともっとできることはたくさんあると思う。

 僕も娘はいるし、たぶん僕がプレーしているのは覚えてないと思いますが、子どもたちにはいろんなものを与えられると思う。

 時差がなくて、オンタイムで試合を見れるというのは、僕が2002年のワールドカップの時にそうだったように、ものすごく衝撃を受けるし、そのためにこそオリンピックを招致したのではないのかと個人的には思っています。

 ソーシャルワーカーの皆さんが毎日命をかけて戦ってくれていることは重々承知していますし、オリンピックがやれるということに対して僕らは感謝しなければいけない立場にあるというのは理解しています。

 忘れないでほしいのは、選手たちもサッカーに限らず毎日命をかけて、人生をかけて戦っているからこそ、この場に立てている。それは1年、2年のことだけではない。人生をかけて戦っている選手ばかりです。

 他の競技の選手たちもこのオリンピックに全てをかけている選手たちがいっぱいいます。そのためにも、何とかもう一度考えてほしいですし、真剣に検討して頂きたい。

 それは、僕らの家族もそうですよね。じいちゃん、ばーちゃんだって自分の孫がオリンピックに出る姿をリスクを背負ってでも見たいという人もいるでしょうし、家族もそうです。

 いろんなものを犠牲にして、我慢して、ヨーロッパで戦っている僕たちをサポートしてくれています。選手だけでなく、家族も戦っている一員なので、その人たちも見れない大会って、誰のための、何のための大会なんだろうとやっぱりクエスチョンは有ります。本当に、真剣にもう一度検討して頂きたいなと心から願っています」

 新型コロナウイルスの世界的なパンデミックの影響下で行なわれる東京五輪では、感染症拡大防止の観点からも簡単には無観客という決定は覆せないだろう。

 しかし、アスリートファーストを掲げて行なわれる今回のオリンピックにおいて、「家族も一緒に戦ってきた一員だ」という選手の切実な意見には、真摯な回答が求められそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】U-24日本1-1U-24スペイン|五輪前最後の試合はスペインを相手にドロー決着! 南アフリカ戦へ向けて収穫と課題が見えるゲームに

【五輪代表PHOTO】あなたもどこかに!?ノエスタに駆けつけた日本代表サポーター!
 
【関連記事】
【セルジオ越後】五輪のキーマンは堂安。スペイン相手に決めたゴールは、勝ち抜く上で大きな武器になる!
【U-24日本1-1U-24スペイン|採点&寸評】優勝候補から先制点の10番がMOM!奮闘したDF陣も高評価
「ワールドクラスの一発だ」堂安律がスペイン代表から奪った豪快弾を海外メディアも絶賛!「すごいインパクト」
「かなりプラス」だったスペイン戦。「たくさんあった」やれること、改善点を吉田麻也が語る
「勝ち切れなかったのは残念だが…」難敵スペインとのドロー決着に、森保監督が語った課題と収穫は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ