「可能性が高まっている」グリエーズマンとサウールのトレードが実現か。 西紙アンケートでは過半数が「アトレティコの勝利」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月15日

「バルサ勝利」の回答は18%

グリエーズマン(左)とサウール(右)、注目のトレードは実現するのか。(C)Getty Images

画像を見る

 現時間7月14日、世界はリオネル・メッシがバルセロナと再契約すると報じた。一方で、アントワーヌ・グリエーズマンはトレード放出が噂されている。

 スペイン紙『Mundo Deportivo』は先日、バルセロナとアトレティコ・マドリーの間でグリエーズマンとサウール・ニゲスのトレードが実現するかもしれないと報じた。同紙『Marca』は14日、その実現の可能性が高まっていると伝えている。

 バルサはすでにセルヒオ・アグエロとメンフィス・デパイを攻撃陣に加えた。メッシの親友でもある前者と、ロナルド・クーマン監督が望んだ後者の加入は、フランス代表FWの出場機会に影響を及ぼすとみられる。

 一方、思うようなシーズンを過ごせなかったスペイン代表MFは、以前から去就が騒がれているうえ、クラブがロドリゴ・デ・パウルを獲得。競争がさらに激化するなかで、ジョルジニオ・ヴァイナルダムを逃したバルセロナ中盤への移籍が注目されている。
 
『Marca』は、両クラブにとって“ウィンウィン”のトレードと伝えた。バルサはメッシや新戦力の出場機会を確保し、向上の余地が大きく、異なるタイプのMFを加えられ、アトレティコはグリエーズマンというトップクラスのストライカーを戻すことができるからだ。

 同紙のアンケートでは、約13万人のユーザーのうち、54%と過半数が「アトレティコ勝利」の取引と回答。「両者勝利」「バルサ勝利」の各18%に大差をつけた。「両者敗北」は、もっとも低い10%だった。

 ただ、『Marca』は、両選手がそれぞれ妥協することも必要になると指摘した。グリエーズマンは減俸をのまなければならず、サウールはレギュラーの保証がない立場を受け入れる必要がある。

 コロナ禍で各クラブが様々なやり繰りを強いられている今夏のマーケットで、注目のトレードは実現するのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のA・マドリー・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「情けないのは親の教育」トルシエの元通訳が仏代表2選手の日本人差別疑惑に見解「それが面白いと信じている」
「日本戦でこんなことは滅多にない」豪州指揮官は何に驚いたのか? 「ニッポンが最も技術的に優れているから…」
英メディアが、東京五輪・男子サッカーで注目すべき10人を発表! 日本代表から選出されたのは?
「まるで戦場」散らかり放題のイタリアのロッカーに英紙が痛烈皮肉!「敗れた側とは状況が大きく異なる」
「子供みたいにはしゃいでますね」岡崎慎司の“地元凱旋”投稿に、酒井高徳が反応「勝負したかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ