「子供みたいにはしゃいでますね」岡崎慎司の“地元凱旋”投稿に、酒井高徳が反応「勝負したかった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月14日

岡崎はウエスカと共同でサッカーアカデミーを設立

地元の自然に囲まれ、新シーズンに向けてリフレッシュした岡崎。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 今年5月のシーズン終了後にスペイン1部のウエスカを退団し、日本に帰国中の岡崎慎司は7月14日、自身のインスタグラムを更新。故郷でリフレッシュした姿を披露し、ファンの反響を呼んでいる。

 兵庫県宝塚市出身の岡崎は、オフシーズンに六甲山にある日本最大級のアスレチックパーク「GREENIA」を訪れた。

 自身のインスタグラムで、「やっぱり自然の中で沢山の人達が身体を動かして、笑いあってるのをみるとこっちも楽しくなるなー。自分も沢山アスレチックにトライしたけど、出来ないのいっぱいあって悔しかったなー。笑。大人から子供まで楽しめて、体を動かせるから健康に良い。子供なんかは、運動能力がすごく身につくんじゃないかな?筋肉、関節の柔らかさなんかは練習では身につかないから、ぜひ沢山の人が来て試して欲しいね」と紹介し、子どものようにはしゃぐ自分の姿など10点の写真を公開。

 ハッシュタグには「#六甲山、#兵庫県、#ピレネー山脈、#ウエスカ、#繋げたい」と綴り、ウエスカと地元の兵庫県との親和性を感じているようだ。

 岡崎は、退団したものの、「シンジ・オカザキーSDウエスカアカデミー」と命名された、日本人少年を受け入れスポーツ活動のほか文化的な交流をするサッカーアカデミーをウエスカとともに設立するなど、今も交流が続いている。

【画像】「はしゃいでますね」「ガチ勢」岡崎慎司が投稿したトレーニング!?姿
 
 この投稿に、現在神戸に所属し、日本代表でも共に戦ってきた酒井高徳は「誘ってや。アスレチックで勝負したかったのに」と反応。

 また、ファンからは以下のようなコメントが寄せられた。

「お帰りなさい、リフレッシュ」
「久しぶりの地元はいかがですか?」
「カックイイ」
「アスレチック、岡ちゃん得意そうやねー!地元はいいね」
「楽しそうですね」
「アスレチック、似合いすぎてほっこりしました」
「六甲山に駆けつけたいですぅ」
「今から行くんで待ってて下さい!」
「全身ミズノでアスレチックはガチ勢www」
「子供みたいにはしゃいでますね」

 35歳となった岡崎は、地元の自然に囲まれリフレッシュし、次の戦いに備えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「1番目立ってた」尚志高の“超逸材CB”チェイス・アンリがオランダの名門AZへ練習参加! 菅原由勢が明かす
【浦和】岐路に立たされた2人のアタッカー――レイソル移籍の武藤とレッズ残留が濃厚な興梠
「だから、とても難しい」冨安健洋の移籍にボローニャ幹部が言及! 伊メディア記者は嘆き節「つらい放出だ」
「プロになりたいなら――」高体連か? Jユースか? 本田圭佑が育成年代の進路選択に持論を展開
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ