「まるで戦場」散らかり放題のイタリアのロッカーに英紙が痛烈皮肉!「敗れた側とは状況が大きく異なる」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月15日

缶ビールやワイン、シャンパンのボトルがいたるところに

コーチングスタッフとして帯同したデ・ロッシは、大興奮でテーブルにダイブ。(C)Getty Images

画像を見る

 まるで嵐が過ぎ去った後のようだった。

 現地時間7月11日に開催されたEURO2020の決勝で、イタリアはイングランドとウェンブリーで激突。1-1で迎えたPK戦の末に難敵を下し、53年ぶり2度目の欧州制覇を果たした。

 歓喜のトロフィーリフトを終え、ロッカールームに戻ると、たちまちそこはパーティー会場に。SNS上ではアッズーリの面々が大興奮でどんちゃん騒ぎし、コーチングスタッフとして帯同していたレジェンド、ダニエレ・デ・ロッシはビールで濡れたテーブルの上にダイブする姿も確認できる。

【動画】デ・ロッシは歓喜のダイブ!パーティー会場と化すイタリアのロッカールーム

 やがて会はお開きになり、一同は撤収するが、注目が集まったのは、散らかり放題のまま明け渡されたロッカールームだ。缶ビールやワイン、シャンパンのボトルがいたるところに置かれ、靴下、ボクサーパンツ、ビーチサンダル、タオルなども床に散乱している。
 
 この姿に英紙『The Sun』は「battlefield(戦場)」と皮肉たっぷりに表現。そのうえで対照的な自国のそれをこう伝えている。

「敗れたファイナリストたちのドレッシングルームでは、状況が大きく異なっていた。テーブルの上には、信じられないが、ピザの箱がきれいに積み上げられていた。尊敬すべきガレス・サウスゲイトが率いるチームならではの光景だ」

【画像】方やあちこちにゴミが…明け渡された両国のロッカールームを比較

 勝者の際り際は決して褒められるものではなかっただけに、敗れた側には思うところがあったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「見習うべき手本」「日本はまたも気品を示した」 決勝後のロッカールームを世界が称賛! |アジア杯
「日本戦でこんなことは滅多にない」豪州指揮官は何に驚いたのか? 「ニッポンが最も技術的に優れているから…」
「だから、とても難しい」冨安健洋の移籍にボローニャ幹部が言及! 伊メディア記者は嘆き節「つらい放出だ」
ジャージ姿で試合運営も経験…“サッカーエリート”三好康児が味わったユース時代の大きな挫折【五輪代表エピソード】
「子供みたいにはしゃいでますね」岡崎慎司の“地元凱旋”投稿に、酒井高徳が反応「勝負したかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ