「見習うべき手本」「日本はまたも気品を示した」 決勝後のロッカールームを世界が称賛! |アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月03日

「拍手に値する行為」

アジア王者の称号はあと一歩のところで逃してしまったが…。(C)Getty Images

画像を見る

 森保一監督率いる日本代表は、アジアカップ決勝でカタールに敗れ、2大会ぶり5度目の優勝を果たすことはできなかった。だが、そんな中でもマナーを大切にしたことが賛辞を呼んでいる。

 試合から一夜明けた2月2日、アジアカップ公式ツイッターは、試合後の日本のロッカールームの写真を投稿。きれいに清掃・整頓されたロッカーの様子と、ホワイトボードにアラビア語・英語・日本語の3か国語で「ありがとう!」と書かれたメッセージを紹介した。
 
 これを受け、イタリア衛星放送『Sky Sport』は、「決勝で敗れた落胆ですら、日本文化に存在する価値が傷つくことは1ミリたりともなかった」と称賛した。

「日本はまたも素晴らしいマナーの見本となった。投稿された画像はすぐに世界を駆け巡り、満場一致で称賛された。拍手に値する行為だ。決勝で負けた落胆よりも、何よりもまずマナー。見習うべき手本だ」

 またイタリア・メディア『Sport Mediaset』も、「予想外に決勝で敗れても、全世界のサッカーファンから拍手をもらうことはできる」「(負けても)日本は冷静を失うことなく、またも気品を示した」と、日本を称えている。

 ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ記者も、ツイッターで「日本はまたも品格と敬意で抜きんでた」と称賛した。

 日本代表はロシア・ワールドカップでもロッカールームを整理したことが称賛された。ピッチの上では残念ながら覇権を奪還できなかったが、ピッチの外ではふたたび世界の賛辞を集めた。その姿勢と行動が拍手に値することは間違いない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ