「プロになりたいなら――」高体連か? Jユースか? 本田圭佑が育成年代の進路選択に持論を展開

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月10日

「ユースのやつらは髪の毛の色を変えているイメージが強かった」

本田が高校時代を振り返り、ユース年代の変化について語った。(C)Getty Images

画像を見る

 7月9日、YouTubeで生配信された高校年代のサッカー大会「第9回和倉ユースサッカー大会」の組み合わせ抽選会にゲストとして登場した本田圭佑が、育成年代の進路選択に持論を展開した。

 石川県の星稜高サッカー部で高校時代を過ごした本田は、当時を振り返りつつ、「うまい子が意外とユースに上がらず、高校にいくケースが多かった」と優秀な人材は高校へいく傾向があったと発言。しかし現在は、「うまい子がよりユースにいくようになった。それが普通ですよね」と育成年代の選手の考えに変化が生まれてきたという。

「(Jユースは)上にプロがあるんですから。プロになりたいと考えたらまずそこに入るのが自然な流れですよね。ただ、高校勢が強いというのは日本ならではの文化。青森山田を中心に、いまも負けじとクラブチームとやり合っているというのは聞いてますけど、ぜひ、鹿児島実業や星稜など、そのほかの高校もなんとか食らいついていってほしいですね」
 
 また、環境面にも変化を感じているようで、「僕らの時は逆にユースチームのやつらは、高校年代からガンガン髪の毛の色を変えているとか、そういうイメージが強かったんですよ。いまはユースも教育に力を入れるようになった。だから良い子が多いですよね」とコメントした。

 プロサッカー選手に加え、指導者や起業家など様々な顔を持ち、近年は教育分野にも力を入れている本田。時代の変化とともに変わりゆく日本の育成年代にも、関心を持っているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【本田圭佑PHOTO】ヘアスタイルの変遷にも注目!星稜時代の2005年から、2020シーズンまでを一挙大公開!
【関連記事】
サガン鳥栖・金明輝監督が“行き過ぎた”指導と言動で、3試合の指揮資格停止。処分は今後協議で決定
「乗っ取られた?」「まさか…」本田圭佑の“意外すぎる”投稿にファン騒然! 本人は否定も、疑惑は晴れず?
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
マンCの新ユニが流出か。退団したアグエロへのリスペクトを込め、襟に縫い込まれたのは…
ウエスカ退団の岡崎慎司が新シーズンに向けて始動! 食野亮太郎との「逆襲準備中」ショットにファン反応!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ