川崎が日本勢唯一のACLグループリーグ6戦全勝! 北京FCを終始圧倒し4-0の完勝

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月11日

最終戦は前節から先発を10名入れ替え

川崎が北京FCを圧倒し、開幕6戦全勝でグループリーグを終えた。(C)2021 Asian Football Confederation (AFC)

画像を見る

 川崎フロンターレは7月11日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節で中国の北京FCと対戦し、4-0の快勝を収めた。

 開幕5連勝を飾り、すでにグループI首位で決勝トーナメント進出を決めている川崎。前節の大邱FC戦から先発を10名入れ替えて臨んだ試合は、立ち上がりからボールを保持して相手を押し込んでいった。

 ゲームが動いたのは21分。車屋紳太郎の敵陣中央からの展開を受けた宮城天がゴール前に折り返すと、これに反応した知念慶が倒れ込みながらシュートを放つ。ボールは両ポストに当たってこぼれると、ふたたび知念が押し込んで先制に成功する。

 その後も冷静な守備対応で相手を寄せ付けない川崎は、37分にも宮城のグラウンダーのクロスに右足で合わせた小塚和季が、ゴール右に強烈なシュートを突き刺し、追加点を決める。
 
 後半に入っても勢いは止まらず。56分には遠野大弥の横パスにダイレクトで合わせた宮城が、ペナルティエリア右から地を這うシュートでネットを揺らし、川崎での初ゴールを奪う。

 さらに69分、左サイドの敵陣深くでFKを得ると、キッカーを務めた小塚のインスイングのボールが相手DFの頭に当たってネットを揺らし4点目。試合はこのまま終了し、攻守両面で盤石な試合運びを見せた川崎が、相手を終始圧倒して4発完勝を挙げた。

 川崎は日本勢唯一の全勝でグループステージの全日程を終了。Jリーグで21戦無敗中の日本王者が、アジアの舞台でも圧倒的な強さを見せつけた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】小塚和季が右足一閃! 宮城天の仕掛けから生まれた2点目
【関連記事】
日韓のチームがあまりにも強すぎて…中国メディア選定、ACL5つの“超悲劇”
金メダル狙うU-24日本代表の予想スタメン、鍵を握る重要人物は? プロ分析官が五輪男子サッカーを展望!
【セルジオ越後】コロナ禍のACLは日本だけが本気? ベストメンバーで臨む意味などない大会だよ
魅力的になったイタリアとタレントを持て余すイングランド。EURO決勝を名手バルダーノはどう見ているのか【現地発】
「世界で最も優しい瞬間だ」メッシがテレビ電話でコパ優勝を家族に報告! その様子にスペイン紙が注目

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ