魅力的になったイタリアとタレントを持て余すイングランド。EURO決勝を名手バルダーノはどう見ているのか【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2021年07月11日

まるでブランド物を身に纏ってもお洒落に着こなせない成り上がり者

EURO決勝の予想スタメン。両軍とも守備が安定しているだけに、1点勝負となるか。(C)Getty Images

画像を見る

 EURO2020の決勝は、イタリアとイングランドという伝統的な個性からの脱却を試みようとしている両国による対戦となった。

 イタリアは守備への過剰な意識を捨てたものの、戦士にも形容される強烈な競争心は健在だ。新たなスタイルを掲げ、フットボールの内容も魅力的になった。

 しかも、そのレールから外されても、持ち前の粘り腰を見せる。スペイン戦でもその強みを発揮し、試合を支配されながらも、防戦一方に回ることはなかった。

 対してイングランドはタレント軍団だ。しかしロングボールを放り込む攻撃に終始し、ブットボールを効率化することに慣れきってしまっていたため、豊富な戦力を持て余している。

 まるでブランド物を身に纏ってもお洒落に着こなせない成り上がり者のように、小刻みにパスを交換しようとしても、時にボールがスムーズに回らずにショートを起こしてしまう。

【PHOTO】白熱のEURO2020を盛り上げる各国の美女サポーターを厳選!
 フットボールをする喜びよりも義務感が先に来てしまう選手たちの気質、ありったけの情熱で声援を送りハイテンポな試合展開を後押しするファンの存在、コンビネーションプレーへの戦術的な理解の不足といったファクターが “近代化”への道を塞いでいる。

 ともあれ、両国とも「負けないフットボール」から「勝ちに行くフットボール」へと舵を切ったことは間違いない。新たなフットボールへようこそ。

文●ホルヘ・バルダーノ
翻訳:下村正幸

【著者プロフィール】
ホルヘ・バルダーノ/1955年10月4日、アルゼンチンのロス・パレハス生まれ。現役時代はストライカーとして活躍し、73年にニューウェルズでプロデビューを飾ると、75年にアラベスへ移籍。79~84年までプレーしたサラゴサでの活躍が認められ、84年にはレアル・マドリーへ入団。87年に現役を引退するまでプレーし、ラ・リーガ制覇とUEFAカップ優勝を2度ずつ成し遂げた。75年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では、2度のW杯(82年と86年)に出場し、86年のメキシコ大会では優勝に貢献。現役引退後は、テネリフェ、マドリー、バレンシアの監督を歴任。その後はマドリーのSDや副会長を務めた。現在は、『エル・パイス』紙でコラムを執筆しているほか、解説者としても人気を博している。

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙に掲載されたバルダーノ氏のコラムを翻訳配信しています。
 
【関連記事】
英国首相がEURO決勝に向けて仰天プランを検討! チケットは180倍に高騰、国民はすでに狂喜乱舞【現地発】
「まだ興奮しているが、仕事も失った」仮病でEURO観戦の英国サポがクビに…発覚したまさかの理由とは?
「もう無理だと言われた」決勝弾のディ・マリアが28年ぶりのタイトルを噛みしめる!試合後には盟友メッシと…
「90分間だけのライバル」コパ決勝後、メッシとネイマールのロング・ハグが大反響!「これこそフットボール」
「アジア人全体を差別」バルサFWの“日本人侮辱”への謝罪コメントに中国のファンが激怒!「なんて戯言だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ