G大阪はACL最終節でラストチャンスを生かせるか? 小野瀬康介は「Jリーグに繋げられるようなゲーム」を目指す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月10日

全北現代戦では勝点3が必須

「まだチャンスがある」と前日会見で意気込みを語る小野瀬。(C)GAMBA OSAKA

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を戦うガンバ大阪は7月9日、試合の前日会見を行なった。登壇した小野瀬康介は背水の陣で臨む最終節で必勝を期した。

 出場チームが増えた今回のACLでは、FからJまでの5グループの1位チームと、2位チームのうち上位3チームが決勝トーナメントへ進出する。

 G大阪が入るグループHは、4勝1分で勝点13とした韓国の全北現代モータースFCが首位通過を確定。ここまで2勝3分で勝点9のG大阪は、他グループの2位チームと3枠の席を争う。

 すでにグループステージ全試合を終えているG組とJ組の2位チームはそれぞれ勝点11(G組2位は浦項スティーラーズ、J組2位は傑志)。また、1試合未消化ながらF組2位のBGパトゥム・ユナイテッドFCは勝点12で2位以内での通過が確定したため、G大阪は最終節で勝点3が必須となる。
 
 そんな状況に、松波正信監督は、「シンプルに勝点3、勝利しないと予選突破というのは完全になくなってしまうので、勝利のためにベストを尽くしたいと思います」とし、小野瀬は「2試合連続で引き分けて、自分たちで勝ち取れるチャンスを勝ち取れなかったにもかかわらずまだチャンスがあるので、ラストチャンスとしてしっかり勝点3を取れるようにやっていきたいです」とベスト4に入った2015年以来、6年ぶりとなる決勝トーナメント進出を目指す。

 ACLでは、初戦の白星以降3試合引き分けが続いていたものの、前節のタンピネス・ローバーズFC戦では大量8得点を奪うなど、徐々に調子を上げているとの見方もできる。

【ハイライト動画】攻撃のガンバ復活か!? 前節の大量8得点を一挙にチェック!

 果たしてG大阪は大一番で勝負強さを発揮できるか。小野瀬は「最後しっかり勝って、帰ってからのJリーグに繋げられるようなゲームをしていきたいです」と今後の巻き返しに繋がる戦いを目指す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「キレキレで最高」ガンバ8発圧勝でGS突破へ望み! パリ五輪世代FWの圧巻ハットにファン歓喜!
ガンバではユース昇格ならず…“ビースト”林大地の闘争心に火をつけた履正社の仲間たち【五輪代表エピソード】
サガン鳥栖・金明輝監督が“行き過ぎた”指導と言動で、3試合の指揮資格停止。処分は今後協議で決定
「プロになりたいなら――」高体連か? Jユースか? 本田圭佑が育成年代の進路選択に持論を展開
「彼は戻ってくると思う」PSV指揮官が堂安律の“帰還”に言及。来季はオランダでのプレーが濃厚に?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ