「さすがビースト!!」貪欲にゴールを狙ったU-24代表・林大地に喝采!「めちゃくちゃストライカーの動き」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月04日

「必死にゴールに向かう姿さすがだった」

交代出場からいくつもの見せ場を作った林。ゴールへの執念が伝わるパフォーマンスだった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影

画像を見る

 6月3日に行なわれたA代表とU-24代表の“兄弟対決”は、3-0で兄貴分に軍配。決定力、球際、試合運びなど、様々な面でA代表が力の差を示す格好となった。

 もっとも、U-24代表にも意地を見せるプレーはあった。57分に交代出場した林大地のそれは、得点の匂いを感じさせるものだった。

 日本代表の公式ツイッターでは、「最後までゴールに迫り続けた林大地選手(U-24日本代表)」と題して、血気盛んな24歳のシュートシーンをピックアップ。敵陣エリア内で味方からの縦パスを受けると、振り向きざまに右足を振り抜く。CKのチャンスでは果敢にヘディングシュートを狙う。

 いずれもネットを揺らすことはできなかったが、ゴールへの執念が伝わるプレーだった。
 
 この投稿には「ゴールへの気迫が凄かった!さすがビースト!!」「これこれこれ!!!」「必死にゴールに向かう姿さすがだった」「田中碧選手のスーパー縦パスを止めて振り抜くまでの連動した動きがめちゃくちゃストライカーの動き」「らしさ全開」といった称賛の声が集まった。

 3月シリーズで追加招集されると、アルゼンチン相手に代表初スタメンで初得点をマーク。そして今回の6月シリーズでもメンバー入りを果たした林。与えられた背番号は「9」。東京五輪に向け、サバイバルは佳境を迎えている。限られた時間のなかで、どこまでアピールできるか注目だ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】「最後までゴールに迫り続けた」林大地の「らしさ全開」のプレー

【PHOTO】日本 3-0 U-24日本|“兄弟対決”は橋本と鎌田と浅野の得点で貫禄の勝利!U-24日本にとっては悔しい結果に

【PHOTO】『サッカー日本代表100周年アニバーサリーユニフォーム』を着用してプレーした代表戦士を一挙紹介!

【PHOTO】白熱の激戦から一転!笑顔で互いの健闘を称え合う選手をピックアップ!
 
【関連記事】
【U-24日本代表0-3日本代表|採点&寸評】難しい日程も厳しい評価にせざるを得ない内容。唯一の「6」は…/U-24代表編
【日本代表3-0U-24日本代表|採点&寸評】貫録を示した“兄貴分”。MOMは攻撃のタクトを振った司令塔|A代表編
U-24には過酷な状況だった“日本代表”対決。橋岡大樹が競っていた相手は、大迫勇也というより…
「クボ? 素晴らしい選手に見えるが…」久保建英の現状をヘタフェ新指揮官が危惧! 指摘した問題点とは?
【セルジオ越後】主力温存のU-24代表は“忖度”したつもり?せっかくの兄弟対決が無駄になったよ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ