ブンデス1部昇格を逃したカールスルーエに山田大記が抱く「感謝の思い」とは?

カテゴリ:ワールド

山口裕平

2015年06月02日

回復が間に合わないと思われていた入れ替え戦に出場。昇格は目前だったが…。

今季6得点・8アシストという結果を残した山田。来季の去就は不透明だが、チームへの愛着も芽生えているようだ。(C) Getty Images

画像を見る

「これがサッカーですね」――。
 
 試合後、ミックスゾーンに現われた山田大記が真っ先に発したこの言葉が、ハンブルクとの入れ替え戦のすべてを物語っていた。ブンデスリーガ1部・2部入れ替え戦に臨んだカールスルーエは、2戦合計2-3で敗れ、1部昇格はならなかった。昇格まであと一歩のところまで迫りながら、後半ロスタイムに追いつかれ、延長戦の末に逆転負け。サッカーの怖さ、厳しさをまざまざと見せつけられた試合だった。
 
 第1戦を負傷で欠場した山田だが、第2戦のこの日は先発メンバーに名を連ねた。前半終了時にはチームトップとなる走行距離を記録するなど、献身的なプレーを披露。しかし、状態は万全ではなく、「行けるところまで」ということで72分にピッチを後にした。リーグ最終戦後の状態では、入れ替え戦には間に合わないと思われていただけに、この試合に出られただけでも御の字という想いだった。
 
 78分には山田に代わって入ったヤボが先制ゴールを奪う。2部最少失点のカールスルーエはその後を無失点で耐え続け、徐々に昇格の瞬間は近づいてきていた。時計の針もすでに90分を指し、昇格に片手を掛けていた。
 
 しかし、カールスルーエは、ブンデスリーガ創設以来2部降格のないハンブルクの底力に屈する。驚異的な粘りでロスタイムに直接FKで同点とされると、さらに延長後半10分(115分)には勝ち越し点を奪われた。試合終了間際に、カールスルーエはPKを得るものの失敗。それでも、たとえゴールしてもアウェーゴールを2点奪われていたため相手を上回るには残り5分で2点が必要だった。
 
「この1年間、しっかりと全力を尽くして戦ってきたので悔いはないです」
 試合後の山田はそう語った。もちろん悔しさはある。実際、山田の表情には昇格を逃したショックを容易に見て取ることができた。だが、それでも冷静に試合を、そして今シーズンを振り返った。
「上がれないという事実もすごく残念ですけど…個人としても、力不足はすごく感じます」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ