冨安健洋のトッテナム移籍をソン・フンミンも歓迎? “加入効果”を英メディアが分析「左サイドが破壊的になる」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月05日

「イタリアで感銘を受けている」と紹介

ソン・フンミン(左)と冨安の日韓コンビは実現するのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの強豪トッテナムが獲得に乗り出しているのが、ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋だ。

 英スポーツチャンネル『Sky Sports』などによれば、1500万ユーロ(約18億7500万円)+ボーナス300万ユーロ(約3億7500万円)の最初のオファーはボローニャが拒否。トッテナムは2回目の入札の準備をしているという。

 そんななか、地元メディア『football.london』が、冨安加入による効果を予測している。22歳のDFについて、記事は「セリエAでは、右SBや3バックの右でプレーしてきた。オン・ザ・ボールでもオフ・ザ・ボールでも強く、両足で幅広くパスを出せ、2019年に到着して以来、イタリアで感銘を受けている」と紹介。次のように続けている。

【動画】「ありえないトリックだ」冨安健洋が披露した華麗なテクニックはこちら
「彼の強みは守備的な仕事であり、右SBに入れば、(左SBの)セルヒオ・レギロンが攻め上がった時に、内側に入って3バック気味に振る舞える。そうすれば、ソン・フンミンとレギロンで破壊的な左サイドを築くことができる」

 スパーズの新監督に就任したヌーノ・エスピリト・サント監督は、昨シーズンまで率いていたウォルバーハンプトンでは3バックを多用していたが、新天地では4バックを採用する可能性もあるようだ。いずれにしても、右SBとCBをハイレベルにこなし、3バックでも4バックでも対応できる冨安は貴重な存在となるだろう。

 果たして、交渉はまとまるのか。今後の展開が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「あんな選手は見たことがない」冨安健洋の“人間性”をベルギー時代の恩師が絶賛!「彼が嫌がったのが…」
「一晩中悩んだ」トッテナムから五輪出場の許可を得たソン・フンミンをなぜ韓国は選外としたのか? 指揮官が明かす「心が痛むが…」
「冨安の放出は頭痛の種」元イタリア代表DFが古巣ボローニャに警鐘!「立て直すのは大変だ」
「日本の指揮官はなぜ我々を恐れるのか?」森保監督が中国を警戒する“驚きの理由”を現地メディアが指摘!
「彼がいれば10年安泰」内田篤人&岩政大樹が絶賛した日本人DFは? 「できないことがない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ