「あんな選手は見たことがない」冨安健洋の“人間性”をベルギー時代の恩師が絶賛!「彼が嫌がったのが…」

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月01日

「どこに行っても彼はスーパー」

熾烈な争奪戦が行なわれている冨安。新天地はどうなる? (C)Getty Images

画像を見る

 去就が注目される冨安健洋の評価が高い理由は様々だ。そのひとつは、その人間性にある。

 シント=トロイデン時代に日本代表DFを指導したマルク・ブライス監督は、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、セリエAで冨安は「大きく向上した」と話している。

「ただ、疑うことはなかったよ。タケヒロは典型的なすべての監督が望む選手だ。謙虚で学ぶ用意があり、素晴らしい犠牲精神を持つ。そしてだれにでも敬意を払うんだ」

「シント=トロイデンで、彼の後に日本人選手が来たときのことを覚えている。通訳をしてくれと頼んだら、トミヤスはとても嫌がった。最初は理解できなかったが、後で分かったよ。年上だったから、彼らの文化では失礼なことだったんだ」

 現在はルーベンで指揮と執るベルギー人指揮官は、さらに「若かったが、わたしが人生で見たことのないほどの勤勉だった」と、冨安の真面目さに賛辞を寄せている。

「例えば、足下での短いボールはあまりうまくなかった。それで取り組み始めたんだが、彼は何時間もいわゆる壁打ちをしていたよ」
 
 22歳の日本代表DFには、アタランタやトッテナムが関心を寄せている。『Gazzetta dello Sport』紙によれば、ウェストハムも興味を示しているという。イタリア国内での移籍とプレミアリーグ挑戦、あるいはボローニャ残留のどれが正しい選択となるだろうか。

 ブライスは去就について「わたしが言うことじゃない」としたうえで、「より力を発揮できるのは、3バックの右CBだ。だから、(ジャン・ピエロ・)ガスペリーニの下なら成功できるだろう」と話した。

「ただ、どこに行っても彼はスーパーだろうね。もはや素晴らしいレベルに達した」

『Gazzetta dello Sport』紙は、選手本人が「アタランタでのチャンピオンズ・リーグ出場よりプレミアリーグに魅力を感じている」と報じた。冨安の決断に注目が集まる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし18選手を紹介!
【関連記事】
「トミヤスの放出は残念だ」冨安健洋を絶賛する現地記者が移籍報道に持論「彼は戦士、私なら売却しない」
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「最悪のグル-プ」韓国メディアが“オール中東”のW杯最終予選組み分けに嘆き! 天敵より日本と同組が良かった?
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け
東京五輪“1年延期”に泣いた者・笑った者――非情な現実は偶然のドラマ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ