「恥ずかしい」C・ロナウドの信じ難い“愚行”に母国ファンが怒り!「ポルトガルに対して無礼だ」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月29日

「キャプテンをやる資質がない」との声も

手に持っていたキャプテンマークを蹴り飛ばしたC・ロナウドの行為が問題となっている。(C)Getty Images

画像を見る

 英雄の信じ難い振る舞いが、批判を集めている。

 現地時間6月27日に開催されたEURO2020の決勝トーナメント1回戦で、前回王者のポルトガルはベルギーに0-1で敗戦。早々に連覇を夢が潰えた。

 試合終了の笛が鳴ると、大黒柱のクリスチアーノ・ロナウドは、キャプテンマークをピッチに叩きつけて、悔しさを露わにしている。

 その後、ベルギーのティボー・クルトワやロメル・ルカクと会話を交わし、ドレッシングルームに向かった7番は、まさかの行為に出る。なんと、手に持っていた腕章を蹴り飛ばし、そのまま立ち去ったのだ。

【動画】「非常に醜い」キャプテンマークを蹴り飛ばすC・ロナウドはこちら
 このシーンは動画に収められ、瞬く間に拡散。『Actualidad RT』によれば、ポルトガル紙『Bola』の読者からは、「恥ずかしい」「ポルトガルに対して無礼だ」「彼がもう一度ポルトガルのキャプテンをやる資質を持っていないのは明らかだ」「彼がしたことは非常に醜い。自分の国を攻撃した」といった批判が寄せられたという。

 3月に行なわれたセルビアとのカタール・ワールドカップ予選でも、審判の判定に怒り、キャプテンマークを投げ捨てたまま、ピッチを後にしたC・ロナウド。二度目の“愚行”には、母国のファンからも厳しい声があがっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「まるで神話、何も起こらない」元英代表FWがC・ロナウドのFKを批判! EURO通算で28本蹴ってまさかの…
腕章を叩きつけたC・ロナウド。立ちはだかった敵GKクルトワに掛けた言葉とは?
「あいつは詐欺師」敗退したポルトガルのFWをロイ・キーンが酷評!「私なら詰め寄っている」
元Jリーガー、苦戦イタリアへの毒舌投稿が大炎上!「あんたの国はスコットランドにも勝てなかった」
「誰も彼を非難しない」元アイルランド代表FWがベイルの“大御所ぶり”に苦言!C・ロナウドの“姿勢”と比較し…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ