「53倍も価値がある相手に…」C大阪対広州FC戦を中国メディアはどう見た?「レベルに差があった」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月25日

原川のCKから2ゴール

C大阪がセットプレーからの2発で広州を下した。(C)CEREZO OSAKA

画像を見る

 セレッソ大阪は6月24日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ(J組)初戦で中国の広州FCと対戦し、2-0で勝利を収めた。

 序盤から圧倒的にボールを支配し、14分に原川力のCKに奥埜博亮がヘッドで合わせて先制すると、69分にも原川のCKから今度はチアゴがヘッド弾を叩き込んで加点。危なげなく完封勝利を飾っている。

 ただ、国内リーグの日程と重なっていたため、この日の広州は若手主体のいわばBチームで、ファビオ・カンナバーロ監督も帯同せず、アシスタントコーチが指揮を執っていた。

 そのため、中国のメディアはフルメンバーのセレッソを相手に健闘したと見ているようだ。

【動画】奥埜の先制ヘッド弾はこちら
『ソーフースポーツ』は、「ゲーム全体を通して、2つのチームのレベルには差があった」としつつ、次のように綴っている。

「セレッソのスタメンの市場価値の合計は1050万ユーロ(約13億円)であり、広州はわずか20万ユーロ(約2500万円)だ。相手は我々の約53倍の価値があった。しかし、スコアはどうだったか? 広州のファーストチームがプレーしたとしても、2点以上の差がつく試合にはならなかっただろう。広州の若い選手たちのパフォーマンスは称賛に値する」

 両チームは7月6日に再び対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部
 
【関連記事】
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「速かった」名古屋とACLで対戦する韓国・浦項の指揮官が警戒する2選手は?「ナゴヤはJリーグの時ほどでは…」
「一番上手かったのは監督のジーコ」久保竜彦が選ぶ"日本代表・歴代最強ベスト11”が楽しい!
全盛期のPL学園野球部で春夏準優勝… 旗手怜央、父から譲り受けた身体能力と、人生を照らした言葉【五輪代表エピソード】
「最強コンビ」「イニエスタもはや怖い」神戸の師弟ホットライン弾に反響続々!古橋は2Gで得点王レース首位に並ぶ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ