「会長は売らないと…」冨安健洋のアタランタ移籍は破談も? ボローニャは31億円以下のオファーは拒絶か

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月23日

総額1800万ユーロのオファーは拒絶

冨安は、20-21シーズンに3位でフィニッシュした強豪アタランタへステップアップを果たすのか。(C)Getty Images

画像を見る

 この数日、アタランタが冨安健洋の獲得に近づいているとの報道は後を絶たない。ただ、移籍市場では何があるか分からないもの。全てはボローニャとの交渉次第だ。

 クラブは冨安を2000~2500万ユーロ(約25億~約31億3000万円)に評価していると言われる。前者でボローニャが納得するのなら、アタランタはかなり近付いているのかもしれない。後者にこだわるなら、まだ開きがある。

 ボローニャ専門サイト『tuttobolognaweb』は現地時間6月22日、「現時点でタケヒロ・トミヤスのアタランタ移籍は全く決まっていない」と報じた。

 ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督率いるアタランタは、日本代表DFの獲得に向け、1500万ユーロ(約18億8000万円)の移籍金に、300万ユーロ(約3億8000万円)のボーナスを加える条件を提示したが、ボローニャに断られたと報じられている。

 ただ、アタランタはボーナスを含めた総額2000万ユーロで取引をまとめたい考えとも伝えられた。つまり、2000万ユーロまでは提示額を引き上げる用意があるということだ。すでに個人合意が伝えられているため、ボローニャが2000万ユーロで手を打つのであれば、「アタランタの冨安健洋」が実現する。
 
 しかし、『tuttobolognaweb』は「(アタランタの)オファーは1800万ユーロに達したが、ボローニャは満足していない。要求額は最低2500万ユーロだ」と報じた。

「今後アタランタは2000万ユーロまで上げるかもしれないと言われ、それはまずまずのベースとなるだろうが、2500万ユーロに到達するにはかなりのボーナスが必要となるだろう」

 同サイトは、ボローニャの技術部門幹部であるワルテル・サバティーニが「会長からボローニャは売らないと言われた」と発言したことについて「これが2000万ユーロ超でも有効なのかを読み取る必要がある」との見解を示している。

「『やむなく放出の必要はない』とのサバティーニの言葉は、アタランタへのメッセージかもしれない」

 アタランタは冨安獲得が破談に終わった場合に備え、別のターゲットにも注目していると言われる。近いうちに、東京五輪も間近に控える22歳の去就は決まるのか。今後も注視したい。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし18選手を紹介!
【関連記事】
浅野拓磨を“見限る”クラブが続出? パルチザンSDが現地紙に激白!「彼は大きな間違いを犯した」
「未来があるとは思えない」武藤嘉紀のニューカッスル復帰に現地ジャーナリストが激辛評価。「購入は失敗だった」
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け
東京五輪“1年延期”に泣いた者・笑った者――非情な現実は偶然のドラマ
「イニエスタの横に写っている人」蘭代表OBの挑発にコケ&サラビアが鮮やかなカウンター!「彼の記憶は南アW杯だけ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ