「未来があるとは思えない」武藤嘉紀のニューカッスル復帰に現地ジャーナリストが激辛評価。「購入は失敗だった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月21日

ニューカッスルでは指揮官の「構想外」に

厳しい立場に立たされている武藤。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグのニューカッスルが保有するFW武藤嘉紀について、現地紙『Shields Gazette』は、厳しい評価を下している。

 武藤は、2018年夏にブンデスリーガのマインツから、ニューカッスルに加入。当時950万ポンド(約12億5000万円)ををかけて獲得された。だが、加入後2シーズンのリーグ戦で決めたのは1得点のみ。昨夏には乾貴士が所属するラ・リーガのエイバルに期限付き移籍で加入したが、リーグ戦26試合出場で1ゴール・2アシストに終わった。

 エイバルとのレンタル契約は今月末で満了し、武藤は保有元であるニューカッスルにいったん戻る形となる。だが、スティーブ・ブルース監督の構想外であるため、再レンタルまたは売却が濃厚視されている状況だ。

 プレシーズンはニューカッスルのキャンプに参加するとされているが、武藤のプレミア復帰について、スペイン在住のジャーナリスト、ユアン・マクティア氏は「非常に厳しい」と現地メディア『This Is Futbol』に語ったと伝えている。
 
「シーズン終盤のエイバルで、武藤は定位置を確保できず、ほとんどプレーしていなかった。エイバルは、ラ・リーガの最下位に終わったチームだ。彼らの戦い方は常にボックス内にストライカーを配置するようなプレーをしていたにもかかわらず、得点はたった1ゴールのみだ。

 ラ・リーガの最下位になったチームでこれだけのことしかできなかった彼が、プレミアのニューカッスルで未来があるとは、とても思えない。正直、彼の購入はラファ・ベニテス下での失敗だったと言わざるを得ない」

 エイバルでも期待された成績を残すことができずに終わった28歳のストライカーには、現在も具体的な買い手は現われていないという。果たして武藤は来シーズン、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「無料で移籍させてもいい」武藤嘉紀のニューカッスル“一時復帰”に地元ファンが反発。退団濃厚もオファーは…
「ポジティブな結末に近づく」冨安健洋のアタランタ移籍はどうなる? 長引く交渉の経過を伊紙が報道
「日本のトップタレント」田中碧のデュッセルドルフ移籍の噂に現地紙も反応! “期待の存在”と高評価
「40歳までプレーする気だ」長谷部誠の鉄人ぶりにドイツ紙が感嘆!コンディション維持の“秘密兵器”に同僚からリクエストも?
久保建英にセリエA昇格組のサレルニターナが関心と現地報道!「アンチェロッティが宝石を送る」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ