駒澤大躍進の陰に元鹿島の深井正樹コーチあり! 伝統のロビング戦法の中に洗練された新たな戦術も

カテゴリ:大学

小室功

2021年06月25日

2019年から母校のコーチとして指導にあたる

2019年から母校の駒澤大で指導にあたる深井コーチ。駒大の躍進を支える存在だ。写真:小室功(オフィス・プリマベーラ)

画像を見る

 蹴って、競って、拾って、ひたむきにゴールを目指す――。

 一気呵成のロビング戦法といえば、駒澤大スタイルの代名詞だが、そこに今、新たな風味が加わっている。後方から前線に向かってシンプルにボールを蹴り込むだけではなく、「蹴って」の前段階にさまざまな工夫が見られるようになった。

 ロビングを入れるうえで、よりよい場所を探り、その位置によって生まれるゴールへの角度の違いを選手たちが共有し、こぼれ球の狙いを絞っていく。五分五分になりがちなロビングを少しでも自分たちの優位になるような状況を作り出そうとしている様子が窺えるのだ。もちろん、これまでもロビングの入れ方に創意工夫を凝らしていたが、さらにきめ細かくなり、バリエーションも増えた。
 
 戦術的プランナーの主導者は同大学OBであり、2019年からコーチに就任した深井正樹だ。03年から鹿島でプロのキャリアをスタートさせ、新潟、千葉、長崎などでもプレーし、16年シーズンをもって引退。千葉の普及コーチを2年にわたり務めたあと、母校・駒澤大にコーチとして戻ってきた。と同時に、総合教育研究部スポーツ・健康科学部門の講師の肩書も併せ持つ。

 長きにわたって、縦に素早いサッカーを標榜し、追求してやまない秋田浩一監督は「タッチ数を少なくしながらゴール前にボールを運ぶとか、フリーの選手を見つけて、そこをうまく使うとか、そういう意識がより強くなっている」と、チーム内の変化を大歓迎。あの手この手を駆使し、選手たちの視野を広げようとする深井コーチの指導力に全幅の信頼を寄せている。

「日々のトレーニングの積み重ねが試合に反映されるものなので、結果は重要だけど、そこにいくまでの取り組みがすごく大事」と語る深井コーチは「内容が良い時と良くない時の差が大きい。自分からの選手へのアプローチの仕方だったり、落とし込みの部分がまだまだ足りないかなと感じている」と、課題に目を向けた。ただ、それは成長の余地を残しているという手応えの証でもあるだろう。
 
【関連記事】
昨冬の選手権得点王が衝撃の大学デビュー戦ゴール! 青森山田高卒の早大1年生アタッカーが早くも台頭
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
Jクラブ&大学へ優秀な指導者を多数輩出! 名門・清水東高の教え“勝澤イズム” 「サッカーは格闘技」
プロ内定者から選手権のヒーロー、J指揮官が惚れ込んだ逸材まで…2021年大学サッカー注目選手15選
元高校選手権優勝キャプテンの葛藤… 名門大学を経てJ内定を掴んだ田部井涼が「サッカーエリート」から脱却する日

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ