元高校選手権優勝キャプテンの葛藤… 名門大学を経てJ内定を掴んだ田部井涼が「サッカーエリート」から脱却する日

カテゴリ:大学

安藤隆人

2021年04月09日

「僕って周りからは優等生とか、エリートって言われるのですが……」

前橋育英高時代に同校を選手権初優勝に導いたキャプテンの田部井。法政大を経て来季の横浜FC入団が内定している。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 4月5日、法政大のMF田部井涼が来季、横浜FCに入団することが内定した。田部井と言えば、4年前の全国高校サッカー選手権大会において前橋育英のエースナンバー14を背負い、キャプテンとして同校に初の優勝旗をもたらした。兄・悠(早稲田大)と共に田部井ツインズとして名を馳せた彼ももう大学4年。彼のプロ内定には驚きはないが、リモートインタビューを行ない、じっくり話を聞くと、その決断の裏には『エリート』と見られてきた彼の人知れぬ葛藤があった。

 1999年6月25日に群馬県で悠と共に生まれた涼は、地元の図南SC前橋でサッカーを始め、中学時代は強豪・前橋FCでプレー。兄弟揃って前橋育英に進むと、基礎技術が高く、好不調の波も少ない落ち着いたプレースタイルと抜群のキャプテンシーを評価され、高3でチームの象徴的な番号である14番とキャプテンを任された。

 キャプテンで14番は3学年上の先輩の鈴木徳真以来で、最後の選手権ではその鈴木世代が成し遂げた選手権準優勝を塗り替えて、伝統校に新たな歴史を刻んだ。チームメイトのDF松田陸、渡邊泰基(現・ツエーゲン金沢)が高卒プロに進む中、関東1部の強豪・法政大に進学をすると、2年時から出番を掴み、昨年は14番を背負って攻守の中心となった。一見、順風満帆に見える歩みだが、彼にはずっと抱えてきた悩みがあった。

「僕って周りからは優等生とか、エリートって言われるのですが、逆にそれが僕のマイナス面だと思うんです」

 確かに彼のプレーは堅実だ。ミスが少なく、戦術理解度も高く、チームのバランスを最後まで考えてプレーをしてくれる。監督としてみれば、必ず1人はピッチに置いておきたい存在であることは間違いない。

 だが、忠実にできる、計算できるという言葉には、「驚きがない」、「想像を超えてこない」という相反する言葉も内在する。

「昔からやんちゃな悠の一歩後ろに下がって、全体の様子を見渡すような性格でした。なので、サッカー面でも『俺が、俺が』ではなく、みんなをサポートして輝かせるのが僕の仕事だと思っていた。中学時代からそのプレースタイルに将来的に『このままでプロになれるのかな』と不安は常に持っていたけど、選手権に優勝して、法政大に入ることができて、どこか自分で『これでいいんだ』と思っていた。いや、自分に言い聞かせていた」
 
【関連記事】
J内定&プロ入り有力選手が目白押し! 大学生の地域選抜対抗戦「デンチャレ」ベスト11をピックアップ!
【横浜FC】大学サッカー界屈指のボランチ、田部井涼が2022年加入内定!「想像を超えるようなプレーを…」
清水が獲得したのは“試合を決めるサイドバック” 筑波大DF山原怜音が関東大学リーグ開幕戦で鮮烈弾!
Jクラブが早くも激しい争奪戦! 尚志高の規格外DF、チェイス・アンリの恐るべきポテンシャル
【サニックス杯ベスト11】すでにプロデビュー済みの俊英から期待の1年生まで――シーズンの前哨戦で輝いた原石たち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ