【J1採点&寸評】仙台2-3清水|ディサロは途中出場で2得点に絡む活躍。松下は見事なミドルを決める

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2021年06月24日

仙台――4バックに戻して追いつくも…

【警告】仙台=平岡(71分)清水=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ディサロ燦シルヴァーノ(清水)

画像を見る

[J1第19節]仙台2-3清水/6月23日/ユアテックスタジアム仙台

【チーム採点・寸評】
仙台 5
カウンターから失点するも、3-4-3布陣で清水の守備組織の混乱を誘い、セットプレーから同点に。しかし後半に相手の布陣変更で劣勢に転じて失点し、4バックに戻して再度追いつくも直後に失点。後半の相手の布陣変化は予想できていただけに、もっと上手に対応したかった。

【仙台|採点・寸評】
GK
27 ヤクブ・スウォビィク 5.5
ファインセーブもあったが、3失点。臀部の違和感による離脱から復帰初戦ということもあり、シュートへの反応がいつもよりも遅くなってしまった。

DF
31 照山颯人 4.5
3バックの右に入ったが、1失点目はクリアミスから。3失点目もT・サンタナを止めきれなかった。期待されたロングフィードやパス出しもミスが多く、3バックも4バックも対応できる戦術の肝として起用されただけに要所でのミスが悔やまれる。

DF
13 平岡康裕 5.5
3バックの左に入り、良いパスやロングフィードも出せていて、守備でもいつも通り身体を張っていたが、周囲の選手のミスをカバーしきれなかった。

DF
16 吉野恭平 5.5(81分OUT)
同点ゴールは見事だったが、1失点目はC・ジュニオの縦突破を止めきれず、2失点目はディサロのヘディングを許してしまった。
 
DF
25 真瀬拓海 5.5
右ウイングバックとして攻守に奮闘は見せていて、前半は決定機も作れていたが、中2日での疲れもあってか、後半はやや精彩を欠き、守備に追われてしまった。

DF
4 蜂須賀孝治 6.5(64分OUT)
左ウイングバックとして出場。時間が経つにつれ相手陣内深くに入れるようになり、クロスやシュートで決定機に絡んだ。セットプレーで競り合いに勝ち、吉野のゴールをアシストできたのも良かった。

MF
18 中原彰吾 5.5(64分OUT)
よく走りながらバランスを取り、ボールに関わり続けていたが、攻撃で決定機につながるようなパス出しまではできず、後半途中で交代。

MF
6 上原力也 5.5
ピッチ狭しとよく走り、守備でも奮闘は見せていたが、ゲームメイクの部分では物足りなさが残る。ゴールにつながるパスをもっと出したい。
 
【関連記事】
鈴木唯、ディサロらのJ1初ゴールなどで清水が接戦を制す!仙台は2度追いつくも悔しい敗戦…
「僕が痛いほうがまだいいや」日本代表GK権田修一は、いかに至近距離からのシュートを克服したのか?
「バケモン」「黄金の左」仙台助っ人FW、敗色濃厚の川崎戦で劇的同点弾! 驚愕の弾丸ショットに大反響
東京五輪“1年延期”に泣いた者・笑った者――非情な現実は偶然のドラマ
「より良い世界を作っていけたら」川澄奈穂美が横山久美のトランスジェンダー公表を受け「サポートしていきたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ