J1初得点で勝利に貢献したディサロ燦シルヴァーノ。ギリギリで飛び出し「枠に入れることだけを意識」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年06月24日

「タケくんがワンタッチで上げてくる気がした」

仙台戦でハイパフォーマンスを発揮したディサロ燦シルヴァーノ。守備にも懸命に走った。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ19節] 仙台2-3清水/6月23日(水)/ユアテックスタジアム仙台

 清水エスパルスにとって中断期間後の初の試合は、同じ下位に位置するベガルタ仙台のホームで行なわれた。仙台の粘り強さから2度追いつかれるものの、3点目を決めたチアゴ・サンタナのゴールか決勝点となり、下位同士の対決を制した。

 在籍2年目の市立船橋高出身である鈴木唯人のJ1初ゴールも生まれた一方、他にも喜ばしいのがディサロ燦シルヴァーノのJ1初ゴールだ。

 この試合でベンチスタートだったディサロは、61分から1₋1の状況で投入される。前線からプレスに走る献身さを見せ、72分には相手のクリアボールを竹内涼がダイレクトで送り返し、それをヘディングで合わせJ1初ゴールをゲット。その後1点を返されるも、84分には、後ろからのロングパスをしっかりと収めてパス送ると、チアゴ・サンタナが個人技で打開し決勝点をゲット。勝利に大きく関与した。

 試合後の会見では、自身のゴールシーンについて次のように語った。

「タケくん(竹内)がワンタッチでボールを上げてくる気がしたんで、それを信じてギリギリのところで飛び出しました。そしたら良いボールが来て、後ろからのヘディングだったので、枠に入れることだけを意識しました」
 

 今季J2ギラヴァンツ北九州からJ1清水へ“個人昇格”という形で加入したディサロは、昨季のJ2得点ランキング2位の18ゴールという決定力が期待されるも、得点からは遠ざかっていた。それだけに、喜びもひとしおだったはずだ。

 また、自身の得点のあとに追いつかれたことに関しては、「精神的にダメージも大きかったんですけど、全員が取らないといけないという意識があり、同じ方向に向けてたかなと思う」とし、「下位同士の戦いは必ず勝たないといけない」と言葉に力をこめる。

 これから控える横浜FC戦(6月27日)、大分トリニータ戦(7月4日)のどちらも下位同士の対決については「良い方向になるためには良い試合を続けていかないといけない。そして勝たないといけない。そこはもっとチーム全員で意識して練習から取り組みます」と意気込んだ。

 昨季J2で話題にもなった25歳のFWは、ようやく決めたJ1初ゴールで波に乗れるのか。清水の19番から目が離せない。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】清水エスパルスを盛り上げる”オレンジウェーブ”を特集!
 
【関連記事】
鈴木唯、ディサロらのJ1初ゴールなどで清水が接戦を制す!仙台は2度追いつくも悔しい敗戦…
「数年間はプレーするつもりでいました」清水のウィリアム・マテウスが契約解除でブラジル帰国を発表
【J1前半戦ベスト11 Vol.3】“堅守”を誇った名古屋、鳥栖から各2名。最終予選で再抜擢の期待が懸かるのは…
「クロップが決断する」南野拓実のリバプール残留は、PSMでのプレーぶりで決定? 現地専門メディア報道
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ