• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1前半戦ベスト11 Vol.4】MF4名はアンカー田中、両脇に仙頭と小泉!トップ下はMVPに推す代表アタッカー

【J1前半戦ベスト11 Vol.4】MF4名はアンカー田中、両脇に仙頭と小泉!トップ下はMVPに推す代表アタッカー

カテゴリ:Jリーグ

西部謙司

2021年06月23日

3バックの左にはあえての菊池流帆

西部氏が選出したJ1前半戦のベストイレブン。

画像を見る

 J1リーグはおおよそシーズンの約半数の試合を消化。6月22日時点で川崎フロンターレが21試合消化と最も多く、新型コロナウイルスの影響で出遅れたガンバ大阪も15試合を戦っている。そこで本稿では、代表戦再開前までのJリーグ前半戦を振り返り、ベストイレブンを識者に選出していただいた。スポーツライターの西部謙司氏が選んだ11人とは――。

――◆――◆――

 GKはセーブ王ヤクブ・スウォビィクを選出した。足もとの上手さで鳥栖躍進のキーマンになっている朴一圭、総合力と安定感の東口順昭も捨てがたいが、シュートストップという分かりやすさを優先した。

 DFは4枚で考えたがMF、FWに候補が多かったのと、左SBの層の薄さから3バックにした。右の山根視来は文句なし、次点はクロッサーとして貢献しているエミル・サロモンソンだが、3バックの右というタイプではない。山根は3バックの経験もあるのでそつなくこなすだろう。

 センターはファン・ソッコ。川崎の谷口彰悟、ジェジエウのコンビや名古屋の中谷進之介、丸山祐市のセット起用がよさそうだが3バックなので断念。ファン・ソッコは空中戦と球際の強さがあり、サイドもこなせるスピードもある。

 左は左利きの町田浩樹、福森晃斗あたりが順当だろうが、あえての菊池流帆。パワフルでスピードもあり、闘志が表に出るということでは右に並ぶ者がないぐらい。町田はセットプレーからのヘディングシュートに威力があり、福森はセットプレーのキッカーとして素晴らしい。菊池は粗削りなところもあり、このポジションならむしろトーマス・フェルマーレンなのだが上半期の活躍ということで選出した。
 
 MFのアンカーポジションは田中碧で決まり。アンカーよりもインサイドハーフとしてのプレーが多かったが、攻守に抜群の能力を発揮していた。岩尾憲と山口蛍が次点。

 田中の左右を固めるのは仙頭啓矢と小泉佳穂。2人とも運動量があって守備もできるし、ポジショニングが上手くパスワークの能力は抜群だ。仙頭は鳥栖のビルドアップの中心となり、小泉も浦和のポジショナルプレーの体現者。2人とも今季加入でチームの中心になっている。

J1リーグ最新順位表
【関連記事】
「一番上手かったのは監督のジーコ」久保竜彦が選ぶ"日本代表・歴代最強ベスト11”が楽しい!
【J1前半戦ベスト11 Vol.1】三笘薫は魅せる選手として今や別格! 同じく充実の境地にあるのは…
【J1前半戦ベスト11 Vol.2】L・ダミアンの凄みが印象深い。好調鳥栖からは仙頭、エドゥアルド、朴を選出
【J1前半戦ベスト11 Vol.3】“堅守”を誇った名古屋、鳥栖から各2名。最終予選で再抜擢の期待が懸かるのは…
【J1ベストイレブン】MOMは札幌の23歳アタッカー! 浦和に逆転勝利の湘南からは最多3選手を選出|18節

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ