【J1前半戦ベスト11 Vol.2】L・ダミアンの凄みが印象深い。好調鳥栖からは仙頭、エドゥアルド、朴を選出

カテゴリ:Jリーグ

清水英斗

2021年06月22日

成長著しいオナイウは選んでおきたかった

清水氏が選出したJ1前半戦のベストイレブン。MVPにはL・ダミアンを選んだ。

画像を見る

 J1リーグはおおよそシーズンの約半数の試合を消化。6月20日時点で川崎フロンターレが21試合消化と最も多く、新型コロナウイルスの影響で出遅れたガンバ大阪も15試合を消化している。そこで本稿では、代表戦再開前のJリーグ前半戦を振り返り、ベストイレブンを識者に選出していただいた。サッカーライターの清水英斗氏が選んだ11人とは――。

――◆――◆――

 川崎で3シーズン目を迎え、副キャプテンにも就任したレアンドロ・ダミアンだが、今季のパフォーマンスは出色だ。決定力が高く、ヘディングでも足もとでも迫力あふれるゴールを量産する。チャンスメイクに関わる連係も素晴らしく、J1のトップスコアラーにかかわらず、エゴイスティックなプレーは全く見られない。守備時のプレッシングでもよく働き、相手CBに競り合いで脅威を与え、チームスタイルのひとつでもあるショートカウンターで中心的な役割を果たしている。

 無敗の川崎からは、他にも三笘薫、田中碧、ジョアン・シミッチ、谷口彰悟、山根視来を選んだが、今季は特にL・ダミアンの凄みが印象深い。前半戦のMVPであり、このままシーズンを過ごせば、リーグMVPも堅いだろう。

 一方、もうひとりのFWとして横浜F・マリノスのオナイウ阿道を入れたことで、この前半戦ベストイレブンはバランスが悪い、ベストイレブンのためのフォーメーションになってしまったが、それでも成長著しい彼は選んでおきたかった。FWとしてのプレーの精度が高まっており、A代表のセルビア戦でも見られたように、個の力は国際試合でも通用する。今後も楽しみだ。
 
 名古屋グランパスからはマテウスを選んだ。三笘とは異なるパワフルなウインガーであり、特にシュート力が図抜けている。川崎戦では凶悪な軌道のドライブフリーキックを沈め、周りを驚かせた。ひとりで違いを見せられる選手であり、チームのスタイルに合っている。

 今季好調のサガン鳥栖からは仙頭啓矢、エドゥアルド、朴一圭を入れた。視野が広く、周りとの連係が巧みな仙頭は、密度が高い中盤を渋滞させることなく、サッと整理していく。松岡大起、樋口雄太と共に、柔軟に形を変える中盤をコントロールし、個性豊かなアタッカーを生かしている。

J1リーグ最新順位表
 
【関連記事】
【J1前半戦ベスト11 Vol.1】三笘薫は魅せる選手として今や別格! 同じく充実の境地にあるのは…
【J1ベストイレブン】MOMは札幌の23歳アタッカー! 浦和に逆転勝利の湘南からは最多3選手を選出|18節
「化けもんかよ」レアンドロ・ダミアンの驚愕オーバーヘッド弾に反響拡大!「全盛期のリヴァウド」
なぜ鳥栖は失点しないのか? 守護神・朴一圭が語る堅守の理由
「僕らは30分も練習して少ししか…」「しかも左足で!」43歳アンリ・コーチの超絶FKにルカク&デ・ブルイネも脱帽!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ