【J1採点&寸評】浦和2-3湘南|MOMは古巣対決で存在感を見せた“湘南のナンバー10”! 2得点のユンカーの評価は…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月21日

浦和――若きGKは試合後に悔し泣き

【警告】浦和=なし 湘南=なし
【退場】浦和=なし 湘南=なし
【MAN OF THE MATCH】山田直輝(湘南)

画像を見る

[J1リーグ18節] 浦和2-3湘南/6月20日(日)/埼玉スタジアム2002

【チーム採点・寸評】
浦和 5
内容的には、引き分けどころか勝利を得るべきものを見せていただけに、ミスから勝点ゼロにしてしまったという点で評価は低いものになる。

【浦和|採点・寸評】
GK
12 鈴木彩艶 4
2点目、3点目はそれぞれマイナス1点に値するミス。試合後に涙した若きGKには、今後の糧にしなければならない試合になった。

DF
8 西 大伍 6
自分へ相手WBがプレスに来るのを判断し、シンプルに前方の田中へ。結果的に好調の選手を生かすことになる黒子役だった。

4 岩波拓也 5.5
タリクをうまく抑え込んでいた。しかし、1失点目は金子のパスが流れ、不運な形で失点に絡んだ。

5 槙野智章 6
全体を通して見ればウェリントンへのロングボールを力強く抑え、先制点もアシストした。しかし、相手の2点目はウェリントンに上をいかれた。

15 明本考浩 5.5
前方がリーグ初先発の大久保だった。サポートの距離を置くことで仕掛けやすくした感はあるものの、自身の良さはあまり出なかった。
 
MF
11 田中達也 6.5(64分OUT)
立ち上がりから大野を相手にキレのある動きで右サイドを切り崩すシーンを作った。さすがに飛ばしすぎの感はあったが、好調さは伝わった。

19 金子大毅 4.5(64分OUT)
1失点目につながったパスミスはあまりにも痛恨。リーグ戦で久しぶりのスタメン、さらに古巣対決だったが、プレー内容も結果も苦いものに。

17 伊藤敦樹 6.5
金子が不安定さを見せた一方で、カバーリングに身体を張り、ミドルシュートの積極性も良かった。
 
【関連記事】
「一晩中嘔吐していた」浦和の“新プリンス”ユンカー、欧州メディアに入団までの紆余曲折を明かす
キャスパー・ユンカー、ノルウェー時代のプレー&人物像に迫る! 現地記者に訊いたピッチ内外での“最大の武器”とは?
「優しすぎてプロとしてやっていけるのか…」浦和移籍、酒井宏樹の若手当時を知る柏レジェンドの記憶
「国外に出て、日本や韓国に勝てない理由が分かった」中国のエースが明かした“アジア2強”との違い「ニッポンは海外組だけで…」
「ニッポンではサッカー選手が“なりたい職業”の3位だが…」現地記者が明かした中国サッカーの実情と日本との違い

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ