【岩本輝雄】オナイウの“ポスト大迫”という風潮に違和感。むしろ同時起用のほうが興味深い

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年06月16日

得点力、キープ力、機動力、パスセンスも兼備

点を取る以外でもいろんなことができるオナイウは、本当に楽しみな存在。写真:JMPA代表撮影

画像を見る

 ワールドカップのアジア2次予選は8戦全勝。最後のキルギス戦も5-1と圧勝を収めた。スタメンの半数以上は国内組でも、強さは変わらなかったね。

 前半だけでハットトリック達成のオナイウはもちろん、浅野、古橋の前線3人が特に印象的だった。なかでも浅野と古橋のスピードは素晴らしい。単独で相手DFを剥がして、局面を打開できるのは大きい。持ち前のスピードは守備面でも生きる。ちょっと距離があっても、猛烈なプレスバックでピンチの芽を摘む。攻守両面でタフに戦える。

 抜群の決定力を見せたオナイウは、とにかく身体が強い。相手を背負いながらもしっかりとボールを収めて、前線の基準点になる。もっとも、彼は前で張っているだけでなく、アクティブに動き回る。たとえば、味方の最終ラインからボランチにボールが入ったタイミングで、すっと相手のボランチの脇に降りてきて、パスをもらおうとする。

 そこでパスが出てくればターンして前に進む、あるいは近くの選手に落としてすぐ次のアクションを起こす。パスが出てこなければ、次の展開を予測したポジションを取る。そうやって何度も動き直す。あの機動力は、かなりの走力を求められるサッカーを見せるマリノスで培われたものだろうね。相手からすれば、かなりやっかいだよ。常に動き回っているから。

 そのマリノスではCFだけでなく、トップ下でのプレー経験もある。個人的には、トップ下のほうがより良さが発揮できるように思う。あの機動力で1・5列目から鋭く飛び出す。しかも、パスの出し手としてもセンスがあるから、チャンスメイクでも期待できる。
 
 今回のハットトリックで“ポスト大迫”みたいな見方もされているみたいだけど、大迫との同時起用もありなんじゃないかな。彼らの縦関係は、相当な迫力を持って相手ゴールに襲い掛かりそうだよね。

 オナイウのライバルは大迫、あるいは鎌田。森保ジャパンの攻撃陣は、ほかにも南野や伊東といった面々がレギュラーだと思う。でも、浅野や古橋も十分に計算できることが証明されているし、攻撃のバリエーションは広がったはず。

 そのなかでも、点を取る以外でもいろんなことができるオナイウは、本当に楽しみな存在。最終予選が今から楽しみになってきたね。

【PHOTO】A代表初ゴールから前半だけで圧巻ハットトリックを達成!オナイウ阿道を特集!

【PHOTO】日本5-1キルギス|オナイウのハットトリックを皮切りにキルギス相手に5得点!アジア2次予選8連勝を飾る!

【PHOTO】A代表初スタメンからフル出場!キレキレのドリブルにアシストも記録した坂元達裕!
 
【関連記事】
「日本とは天と地ほどの差が…」森保ジャパンの強さに敵国キルギスのファンも脱帽!「中学生が小学1年生と遊んでるみたいだ」
【セルジオ越後】キルギス戦よりEUROを見たほうが面白いよ。ハットのオナイウもアピールできたと勘違いしてはいけない
金田喜稔がキルギス戦を斬る!「看過できない川辺の奪われたあとの振る舞い。次をイメージしていたのか」
「センセーショナルな記録だ」オナイウ阿道の“6分間ハット達成”に、セルティックファンも驚愕!
「史上最悪のオウンゴール」ハイチ守護神の狂気の“連続空振り”に世界衝撃!「彼は呪縛されている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ