【釜本邦茂】大迫不在を感じさせなかったオナイウ。国内組の奮起で最終予選がますます楽しみになってきた!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月15日

両サイドからのクロスに合わせる良い展開の中から生まれた3ゴール

代表初ゴールから6分間でハットトリックを達成したオナイウ。キルギス戦の快勝に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 ワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦は、5対1で日本が勝った。この試合のMVPはなんといっても代表2試合目でハットトリックを決めたオナイウだろう。離脱した大迫の代役としてどんな活躍を見せてくれるか注目していたが、見事に結果で能力の高さを証明してみせた。

【動画】川辺の鮮やかなドリブル突破から、クロスに合わせたオナイウが2点目!

 Jリーグでは好調をキープしていただけに、追加招集はやはり実力で手繰り寄せたもの。彼自身も代表2戦目で、なんとか結果を残そうという気持ちがゲームに滲み出ていた。1点目は結果的にPKだったが、3つのゴールともに左右両サイドからのクロスに合わせる良い展開の中から生まれた。マークを外す動きも冴えていたし、大迫に代われるだけの力を示したと言っていいんじゃないか。
 
 ただし、トップにボールが入った時のさばき方には成長の余地がある。ポストに入るだけでなく、振り向いて自分で仕掛けていくプレーも見せてほしかったし、寄せられた時に少し正確性に欠けるところもあった。まあ、これから国際試合の経験を積んでいけば、楽しみな存在だよ。

 もちろん、オナイウにお膳立てのパスを供給した両サイドバックの山根や小川、さらにボランチの川辺もアピールに成功したと言っていいし、5点目のカウンターのゴールも古橋と浅野がスピードという自らの武器を生かして奪った良いゴールだった。

 本当に秋に始まる最終予選へ向けて、メンバーへ入っていくためにそれぞれの選手が自分の持ち味を発揮しようという意欲がピッチ上に現われていた。とりわけ、国内組の選手の奮闘が目立っていたし、海外組の選手をうかうかしていられないという気にさせたんじゃないか。

 オーバーエイジで招集された吉田、酒井、遠藤も不在で、逆にここがアピールのチャンスと多くの選手の奮起を促したような2次予選の最終戦だった。選手層の厚みを感じた試合だったね。
 
【関連記事】
「ニッポンは我々の選手よりも…」キルギス指揮官、認めざるを得ない日本代表との差に言及
「日本とは天と地ほどの差が…」森保ジャパンの強さに敵国キルギスのファンも脱帽!「中学生が小学1年生と遊んでるみたいだ」
【日本代表5-1キルギス|採点&寸評】オナイウは見事なハットトリック! 川辺、坂元らもアピール
日本代表が驚異のハット祭り! オナイウの3発で、過去に139試合を要した記録をたった5戦で達成
どうした原口元気。キルギス戦で見受けられた違和感【編集長コラム】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ