プロ分析官が東京五輪代表の6月シリーズを徹底分析! 選考サバイバルに生き残る18人を予想! 最も気になる選手は…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月13日

ジャマイカ戦の守備には言う事なし!

東京五輪メンバー発表前ラストマッチ、ジャマイカ戦で4-0の快勝を収めたU-24代表を杉崎氏はどう見たのか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 6月シリーズでU-24日本代表は、初戦のA代表戦こそ敗れたものの、続く2戦目でU-24ガーナ代表を6-0で下し、6月12日に行なわれた東京五輪メンバー選考前ラストマッチとなるジャマイカ代表戦でも4-0の快勝を収めた。

 ここでは、Jリーグの各クラブでスカウティング担当を歴任し、2019年には横浜でチームや対戦相手を分析するアナリストとしてリーグ優勝にも貢献した杉崎健氏に、U-24日本代表が6月に行なった3試合を振り返ってもらった。森保ジャパンの姿は杉崎氏の目にどう映ったのか。東京五輪に挑む18人のメンバー予想も交え、五輪代表のこれからを占う。

――◆――◆――
 
 メンバー選考前最後のゲームとなったジャマイカ戦。この試合での守備は、悪かったところを探す方が難しいでしょう。自分たちよりも年齢が上の相手に対し、臆することなく球際でぶつかりにいくことができていたし、しっかりと自分たちがボールを握ることもできていましたね。

 ジャマイカのシュートを1本に抑えたことも非常に自信に繋がります。相手とのレベルの差を差し引いても、最終ラインでの相手の潰し方やボランチのボールの回収、前の選手がプレスバックすることなど、チーム全体で連動した守備が出来ていた印象です。

 攻撃面では4得点を奪えたことも良かったですが、それぞれ選手個人の特徴とチーム全体の融合がしっかりと表現できていた。個人の能力で取ったゴールも大事な要素ではありますが、それ以外にも久保建英選手と堂安律選手がポジションを入れ替えたり、三笘薫選手が外に張っているだけでなく、中に入って来たりと自分たちで工夫をしながら、相手の守備を崩すことにチャレンジしていました。

 攻撃の形にも様々なバリエーションが増えてきましたし、状況判断や技術力に優れる選手が揃っているので、相手に引いて守られたとしても、崩し切れる自信がついてきた。ただ今回はあくまで親善試合。あとはメンバーが確定してから行う7月の残り2試合でどう進化させるかでしょう。
 
【関連記事】
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
【セルジオ越後】シュートすら打てない相手に最後のサバイバル? 低レベルな試合で当落が決まる選手がかわいそうだ
「特に有能だったのは、11番と…」大敗したジャマイカのコーチが称えた日本の4選手は?「五輪でも善戦すると思う」
東京五輪メンバー18人はこうなる! “最後の1枠”で迷ったのが…
「10番は絶対に屈しない」トッティ、デル・ピエロ、C・ロナウドらが続々とエリクセンを激励!「我が友よ、強くあれ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ