ワールドサッカーダイジェストが厳選!「移籍マーケット 今夏の主役候補TOP20」 ジャクソン・マルティネス & ミラレム・ピャニッチ

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2015年05月26日

「アーセナルは憧れのクラブ。ノーと言えない」とマルティネス。

3シーズンでポルトガル・リーグの得点王に輝いたマルティネス。ポルトの会長も移籍を認める発言をしており、ステップアップへ機は熟したか。 (C) Getty Images

画像を見る

 今夏の移籍マーケットを賑わす主役候補を『ワールドサッカーダイジェスト』が厳選してお届けするシリーズ企画。
 
 第6弾は、アーセナルと相思相愛と伝えられるコロンビア代表のジャクソン・マルティネス、根強い人気銘柄のミラレム・ピャニッチの動向を追う。
 
――◆――◆――
 
今夏の主役候補(11)
ジャクソン・マルティネス(FW/ポルト)
 
 チャンピオンズ・リーグで自己最多の7ゴールを挙げ、ポルトガル・リーグでは3シーズン連続で得点王を獲得。いまや欧州有数のストライカーに成長したポルトのジャクソン・マルティネスが、いよいよ飛躍のときを迎えている。
 
 これまで幾度となく取り沙汰されてきたのは、本人が望むプレミアリーグへの移籍。昨夏はアーセナル、マンチェスター・シティ、トッテナムなどが獲得に興味を示したものの、ポルトの首脳部が退団を容認しなかった。
 
 ところが今年に入って、「移籍金を支払えるクラブがあれば、放出しても構わない」と、ピント・ダ・コスタ会長が売却を示唆したのだ。
 
 獲得レースの本命は、相思相愛のアーセナル。「マルティネスはフィジカルが強く、プレミア向きだ。得点感覚も素晴らしい」とヴェンゲル監督が手放しで称賛すれば、本人も「アーセナルは子供の頃から憧れていたクラブ。オファーがあれば、ノーとは言えない」と語るなど、移籍に前向きな姿勢を見せている。
 
 昨年8月にポルトとの契約を見直し、違約金は4000万ユーロ(約56億円)から3500万ユーロ(約49億円)まで引き下げられた。今夏に5000万ポンド(約85億円)程度の補強予算を用意しているアーセナルなら、十分に支払える額だろう。
 
 ポルトのピント・ダ・コスタ会長の“心変わり”さえなければ、交渉は意外とすんなりとまとまるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ